スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の話題

原爆症の認定に関して被爆者側が18回連続で勝訴したそうです。被爆者の方には心より同情いたします。原爆症の認定に関して、産経新聞の記事などによると下記のようにあります。

放射線に起因する疾病で、医療を要する状態にあると認定されれば、医療特別手当が年約160万円支給される。昨年3月末時点で約2200人が対象だった。被爆者対策では被爆者健康手帳が交付されている人のうち約22万人には年約40万円の健康管理手当が支給されている。

国側は敗訴を受け全面解決に前向きの考えを示したとのことです。長く苦しんでいる人のためにも1日も早く全面解決することを心より望みます。

一方で、・・・・今回の原告の方々に関して、その発言で気になるものがあります。「国の姿勢は許せない。原爆がどれだけ人を苦しめるものかもっとわかってもらいたい」という趣旨の発言です。
これだけだと、国が原爆による被害を全然わかっていなくて、認定もしてこなかったかのように思ってしまいます。
今回認定を受けた方に関しては、過去にさかのぼって、上記の手当てが支給されるのか不明ですが、原告勝訴を受けた後でも、国に対しての恨みは晴れないのでしょうか。一度聞いて見たいものです。過去にこのブログで書きましたが、原告の方々は怒りの矛先を是非とも間違わないでもらいたいと思う次第です。怒りの矛先、それは投下した国に向けれらるべきだと考えます。

裁判ですので、認定の是非に関しては、当然杓子定規になるのはやむを得なかったと思うのです。しかし今回は国は全面解決に向けて努力する方向で行きそうです。被爆者の方々がこの認定裁判により少しでも心が慰められることを、そして怒りの矛先を見つめ直すことが出来るようになることを望みます。

メディアは国が18回連続で敗訴というような記事ばかりでなく、アメリカ側の関係者にコメントを求めるくらいの人はいないのでしょうか。



スポンサーサイト

少年野球

昨日の日曜日は地元の少年野球チームに所属する長男の港区春季大会決勝戦が芝浦の埠頭少年野球場にて雨の混じるなか朝9時から行われました。

対戦相手はやはり地元近くのチーム。結果は2対5と悔しい負けを喫しました。普段は徹底的に、ディフェンスを重視した練習内容。逆に攻撃が淡白で打線がつながりませんでした。
相手は4球で満塁となったのち、グランドスラムで一挙5得点。後半粘りを見せて2点を返すも7回終了。我が息子は・・・7番ファースト3打席1犠打、1内野安打。この内野安打は、サード強襲を相手がはじいて、ランナーは1塁にヘッドスライディング。スコアを担当する私は、最初は相手サードのエラーと考えましたが、周りの意見とヘッドスライディングをした頑張りを見て、内野安打に修正。普段は息子に厳しいコーチの私ですが、この辺はスコアラー権限?(苦笑)で息子の頑張りを認めてあげたいと思いました。

春に悔しい思いをしてこれを秋につなげたいねと息子にも話しました。関係者の皆さんお疲れ様でした。また頑張りましょう。



本日の話題

自民党の鳩山邦夫総務相は20日夕、祖父の故鳩山一郎元首相の邸宅だった東京・音羽の「鳩山会館」に同党国会議員約50人を招き、「バラを見る会」を開いた。鳩山氏は最近、所属する津島派内で独自の勉強会を作ろうとするなど活動を活発化させており、この日の会合にも「ポスト麻生への布石か」(津島派の閣僚経験者)との声が上がった。以上産経新聞より抜粋

民主党の代表に兄鳩山が就き、自民党の弟鳩山はポスト麻生さんだとか。弟鳩山は最近ではかんぽの宿問題で存在感を示しました。彼らの父、祖父ともに国会議員で、今回の選挙の話題の一つとなっている世襲制限にはともに矛盾する2人です。しかしもし今度の選挙で民主党が勝てば兄鳩山の総理総裁の可能性が極めて高くなります。(というよりほぼ確定ですかね(苦笑))しかし1枚岩ではない同党のこと、分裂も時間の問題と見る向きもあります。そこで政界再編により、ポスト麻生さんの弟鳩山が総理総裁となれば、恐らく憲政史上初の兄弟横綱ならぬ、兄弟総理総裁経験者となるかもしれません。
しかし・・政治理念は極めて左がかった兄鳩山。北海道選挙区なのですからせめて北方領土問題では国を売るような行為はしないことを切望します。
弟鳩山の方がはるかに政治家としての理念経験どれをとっても上だと思うのですが。

健康管理

会計事務所にとって、5月はとても忙しい時期です。3月決算の法人が多数を占めるのが理由です。さらにGWなどで実質的に最初の1週間は仕事が出来ないこともあります。

そんななか、このところ体調が思わしくありません。事の起こりは先週金曜日の朝。奥さんが熱があって動けないということからでした。その後奥さんの熱が引かないため、時期的な問題もありますので、日曜日になってやっと日赤にて検査をしたところ、溶連菌だということ。これはどちらかというと、幼児は学童がよくかかるものだとか。しかし感染することからしっかりと抗生剤などでケアが必要なもののようです。

私はというと、日曜の夜睡眠中に頭痛と、極度な寝汗で何回も起き、後で熱を図ると37.7度でした。どうやら奥さんからもらった様子。体がけだるく、つらいのですが、仕事がたまっているので、休むわけにもいかず、また朝は奥さんが起きられないので、金曜日から今日まで子供の朝食の用意もしなければなりませんでした・・・

僕だって辛いのに・・・何度も心で叫んでいました。と同時に自分の人間としての器の小ささを感じざるを得ませんでした。よくキリスト教の結婚式の宣誓などで、「健やかな時も病気の時もこれを敬い愛することを誓いますか」などと言いますが、自分は何とだめなのだと今回は特に痛感しました。

健康な時は感じないことも病気などにより普段とは違う感じ方をするものです。どんなに「周りに感謝して」、とか「感謝する気持ちを忘れないで」とわかっていても、難しいものです。

今日は奥さんの誕生日。まだお互い体調が悪いので、週末に延期して子供たちとお祝いする予定です。お互い思いやる気持ちを忘れずにお祝いするつもりです。


本日の話題

公然ワイセツ容疑で逮捕され起訴猶予処分になった「SMAP」のメンバーが、2009年5月28日に芸能界に復帰することになった。出演しているCMも、09年6月を目処に次々再開される。
以上一部引用

この人が赤坂の檜町公園で騒いで逮捕されたのが4/21くらいのことです。あれ?ずいぶん早いなと思いました。記事を読んでみると経済の理論が優先されているのがよくわかります。自粛が長引けば広告代理店、テレビ局、映画会社などの損害が増える一方だとか。もう少し自粛させたい事務所側にこれらの利害関係者が、世論の後押しも手伝って、早く復帰させてくれと泣きついたのではないかということです。

しかし・・・失敗が許されて再チャレンジできる社会というのは非常に重要ですし、そうでなければならないと強く思います。一方社会的な影響として、子供たちやこれから社会に出る人たち、そういった人たちが、ああいう事件を起こしてもすぐに何もなかったように許されるんだと思ってしまったら、これは非常に問題です。

もちろん当の本人もあまりのあっけない復帰で、再び酒の上での過ちを起こしてしまうかもしれません。そうなったらもう世論は味方してくれません。

世の中はなんやかんや言っても経済の理論が優先します。しかし、今回に関しては「ちょっと早いのでは」と言うのが私の意見です。むしろ長すぎるぐらい自粛していれば、世論はもっと同情的になり、子供たちにも戒めになります。結果として世論を大きく味方につけることができて、役者としての格がさらに1枚も2枚も上がっていたかもしれません。

本日の話題

海賊対策のためアフリカ・ソマリア沖に展開中の海上自衛隊の護衛艦が、民間国際交流団体「ピースボート」の船旅の旅客船を護衛したことが13日、分かった。ピースボートは海賊対策での海自派遣に反対しており、主張とのギャップは議論を呼びそうだ。
ピースボートは社民党の辻元清美衆院議員が早稲田大在学中の昭和58年に設立。ピースボートは市民団体による海自派遣反対の共同声明にも名を連ねている。
以上産経新聞より一部抜粋

海賊対策で海上自衛隊がソマリア沖に派遣されています。そもそも海自の派遣自体を反対している団体が、その海自に護衛されるとは・・矛盾と言いますか、苦笑いするしかありません。なぜこの団体及びその参加者は、自らの主張と矛盾するこの護衛を断らなかったんでしょうか。私の考えですが、辻本議員とピースボートはほぼイコールのように思っています。この人が属する社民党は護憲、戦争反対、何でも反対(有権者にはそう見える)の党です。

護衛を断り、海賊に襲われた揚句、拉致者や死者が出た場合、もちろん海自に文句は言えないはずです。結局だから人類みな平和、と念仏のように唱える理由づけになっていくのかもしれませんね。

少し前アフガンに入国して拉致されたカメラマン他の人に対して、国内では自己責任という言葉が広がりました。それぞれいろんな考えをもって行動しているのでしょうから、簡単に自己責任で片づけることはできないですが、少なくとも今回、もしこの団体が、護衛を断り、海賊に襲われて死傷者が出たとしたら、まず第一に国内的には、なぜ海自は護衛しなかったのか、とまず海自が非難されそうです。
その後、この団体が海自の派遣に反対していたということが知れ渡った挙句に、なんだ自業自得ではないか、と思われて、同情一辺倒にはならないのではないかと思った次第です。

本日の話題

昨日民主党の小沢代表が辞任を表明しました。西松建設の献金問題で公設第1秘書が逮捕されたのが3/24のことですので、1月半経過してから辞任を決意したということでしょう。事件発覚当初は続投を表明したものの、この1月半でマスコミ、世論、党内での辞任を求める声についに決意したようです。
私のブログを読み返してみると、3/30のブログで、選挙前に辞任するのではないかと予想しています。やはり思ったとおりでした。選挙で勝てないと判断しての辞任表明ですね。

しかしその後の代表選で名前が挙がってきているのが岡田さんや鳩山さんといった決まった顔ぶれ。
選挙自体はどうなっていくのか、定かではないものの(とはいっても流れ的にはまだ民主党が有利のような気がしますが)、民主党が勝った場合はこれらの人が総理総裁になるのかと思うと、確たる根拠はありませんが、ちょっと不安になります。
政治、選挙、人気投票、イス取りゲーム、思いつくままに記しましたがすべて同義語のように思われますね。(苦笑)

本日の話題

JR横須賀線で7日朝、久里浜駅発津田沼駅行きの普通電車(15両編成)が立ち往生したトラブルで、電車に閉じ込められていた乗客約3000人の誘導作業が1時間半が経過した午前8時半過ぎから始まった。以上産経新聞より一部抜粋。

私は本日朝7時50分に京浜東北線品川駅にいました。この車両故障の影響で京浜東北線横浜方面息も運転見合わせ。車内アナウンスで一部乗客が線路に降りているので、しばらく運転を見合わせる旨伝えていました。ああこれは運転再開まで時間がかかるなと思い、京浜急行への振替輸送で大森海岸駅までの通勤となりました。
それにしても、GWでくたびれた父親族の連休明けの通勤時になんということでしょう。
このニュースを読んで、さっさと振替輸送にしてよかったと思いました。あのまま京浜東北線に乗っていたらいつ運転再開したことやら。
鉄道運営はベルトコンベアーのようなもの。10メートル先で異変があるとすべてがストップしてしまいます。運営の難しさを人ごとながら感じると同時に、イチ利用者としてはしょっちゅう止まったり遅れたりする印象のあるJRを恨めしくも思った次第です。

ゴールデンウイーク

多くの人たちはこのGWをどのように過ごしたのでしょうか。新聞ニュースなどではETC割引などで、高速の渋滞何十キロなどと盛んに伝えられていました。父親族にとってはGWは決して休息とはいかないようです。
そういう私はと言いますと、この連休で顔の日焼けがさらに増し、人によってはゴルフ焼けですか?あるいは海外ですか?などど言われてしまいます。
5/2朝8:50~夕5:00
5/3朝8:00~夕5:00
5/4朝8:00~夕5:00
5/5朝7:00~夕4:00
5/6朝8:50~12:00
これ全部、6年生の長男の野球の練習日程です。これに合わせて私もずっとこの日程で、一緒に参加していました。一部早く終わっているのは雨の影響です。合間に多摩川のグラウンドなどに移動して練習試合も2試合ほどこなしました。
5/5帰り際歩いていて、ある家の前に鯉のぼりが飾ってありました。その時やっと、ああ今日は子供の日だったんだなあと思いだしたくらいです。我ながらよくやるよと多少自戒?をこめつつ苦笑いです。
その間、下の娘はほっぽりっぱなし、奥さんには文句を多々言われ・・・
当然体はくたくた、決して休息とはいかないGWとなりました。


本日の話題

新型インフルエンザ問題で、厚生労働省は1日までに、日本国内で初めて「感染疑い例」の患者を確認した。感染が疑われているのは横浜市に住む高校生。以上産経新聞より一部抜粋。

メディアの報道の過熱ぶりなのか、事態の深刻さを表しているのか、どちらか判断しにくいのですが、人々の様子を見るとどうやら対岸の火事とは言っていられないかもしれません。
私は朝はJR品川駅から事務所のある大森駅まで京浜東北線を使って通勤しますが、今日の朝の品川駅で結構な数の人がマスクを着用していました。多くの人が危機意識を持っているのだなあと、自分の対岸の火事のような考えを反省させられました。

記事は高校の修学旅行から帰国した横浜の高校生だということです。
私は朝はJR、帰りは、京浜急行の大森海岸という駅から帰るのですが、京浜急行は羽田成田間をつなぐ電車でよく旅行客や外国人なども乗り合わせています。

過剰に反応するのもどうかと思いますが、最低限の危機意識は持っていないとだめですね。

続きを読む

プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。