スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の話題

税理士らの間で「政治資金監査」がビジネスチャンスとして注目されている。今年公開の平成21年分収支報告書から外部専門家のチェックが法律で義務付けられた新制度にはすでに3千人以上が登録し、対象の政治団体数を上回っている。ただ、チェックが「支出」のみのため、鳩山由紀夫首相の偽装献金など「収入」の不正を見破るのは困難で、効果には疑問の声もあがる。「問題が発覚したときのリスクが怖い」と総務省への登録を避けるケースも少なくないという。
総務省の研修を受けた弁護士、公認会計士、税理士が1年間の支出について団体の事務所に出向き、会計帳簿や領収書と照合した上で監査報告書を作成。団体側は5月末までに収支報告書とともに総務省や都道府県選管に提出する。

同省に登録されている監査人は、昨年12月25日現在で3332人。税理士が2508人で大半を占め、公認会計士605人、弁護士219人となっている。
こうした制度設計について、埼玉県内の男性税理士は「政治資金の透明性向上にどこまで役に立つか極めて疑わしい」と指摘。その上で「不備が発覚したときの監査人の責任問題もどのようになるのだろうか」と懸念を口にした。
登録を見送ったという公認会計士も「担当した団体が、後に問題を指摘されても責任は持てず、監査人となるリスクが大きすぎる」と述べた。以上産経新聞より

実は私自身も、この登録政治資金監査人に登録しています。前述のように別にビジネスチャンスとして登録したのではありません。新たな仕事をしてみたいということと、もともと政治には興味があったから。

総務省や税理士会館などで数度の研修もしました。
研修をしていくうちに判明したことをいくつかあげましょう。
1)上記にもありますが、監査報告書を毎年5月末までに提出すること
2)1回の監査報告書の作成による報酬はあくまでウワサ段階ですが、5-10万円ではないかということ
3)上述のように透明性には役立たないであろうこと
4)問題が発覚した際の責任の所在を問われた際に、今のところ自己を守るすべがなさそうなこと

などですかね。
1)は我々税理士が忙しい5月(3月決算の申告書提出期日)であることが問題です。
2)はかけた時間にみあう費用対効果は得られないでしょう。このことからビジネスとしては成り立たちにくいと思います。
3)これが問題ですが、監査は結局は世間やマスコミに対するポーズとして行われそうで、正義感を持って仕事をしても失望するだけでしょう。
4)これは提示を受けた書類から作成することになり、意図的に隠されたものなどに対してまで責任は負えないという業界としてのサポートを期待するしかないでしょう。

などなど正直リスクも含めた費用対効果は??となり、登録を避けるのも理解できます。
私自身も、疑問点が多い現状で仕事が依頼された場合、受けるかどうかは微妙です。どんな人間でも自分のしている仕事が人や世の中のためになっていると思いたいもの。
常にそう考えていますが、この件に関してはホントにどうしようかなあ・・・といったところです。
スポンサーサイト

読書と蔵書

ここ数年特に司馬遼太郎の書籍の中毒になっている私ですが、昨年秋の村田蔵六を描いた花神に引き続き、越後長岡藩士の河井継乃介を描いた「峠」を年明けに読破、いまは幕末の商人高田屋嘉兵衛を描いた「菜の花の沖」を読んでいます。

こういった本も時と共にどんどん増えていきます。ものによっては何度も読み返したいものもあり当然処分などはできません。そんなとき、昨年、長年増えてきていた蔵書を一気に処分したという方のお話を思い出しました。

その方は、個人の申告書を作成するお客様なのですが、年代は昭和一ケタ生まれ。歴史や私同様司馬さんも好き、ジャズや旅行も好き、囲碁も好き、ゴルフは一時シングルまでいったという方です。でもゴルフはもう卒業だとか。
シングルまで行った人でも生涯プレーせずに卒業という道を選ぶこともあるのか、とちょっと意外と言いますか、ちいさな感動を受けました。

蔵書はほんの一握りを残して処分したそうです。再読しようと思ってもそれが逆に負担になるのだとか。本というものは読み終わって本棚に飾っておくことにより、そのつもりはなくとも、ああ自分もずいぶんいろんな本を読んだなあと自己満足したりするものです。私自身もそのうちそうなるだろうなと思っています。良い本だから人に贈呈したいなどと思っても、意外ともらう側は迷惑かもしれません。たしかに私だったら本当に読もうと思ったら自分で買って読みたいと思いますしね。

いまはどんどん増えている途中の書籍群。私も人生のどこかでこの蔵書たちを処分しなければならない時が来るのでしょうか・・・そう考えると少しさみしい気持ちになりました。

本日の話題

今月、日経新聞の私の履歴書に元首相の細川氏が書いています。
細川政権の際の過去の植民地の問題に関する発言や侵略発言がその後の村山談話や河野談話につながっていくのですが、昨日19日の私の履歴書におおむね下記のようなことが書いてあります。

エリツィンロシア大統領との首脳会談で、同大統領は旧ソビエトのシベリア抑留に関して言葉と態度で謝罪したそうです。伯父をシベリアで亡くしている細川氏は感動して落涙したとか。その後の首相官邸における夕食会で同大統領は、細川首相の侵略発言があったから自分も思い切ったことがいえた(抑留に関する謝罪)と話されたということです。

しかし・・・同氏はこれらにより、先の発言の正当性を紙面で主張しているように解釈できました。もちろんシベリアに関して同大統領が謝罪したということは決して小さなことではありません。がその後の国益の毀損を考えると、シベリアの謝罪と、侵略発言では比べ物になりません。日本人はリベリアの抑留者やその家族がロシアを相手取って賠償云々などを求めたなどの騒ぎは少なくとも伝えられてきません。もっとも旧ソビエトと現ロシアでは違うと突っぱねられるのが目に見えているからかもしれませんが。

これに比べて細川氏の発言以降、近隣諸国その他での日本の国益に与えた影響は計りしれません。慰安婦問題、南京問題、靖国問題これらを考えても、すべてとは言わないまでも同氏の発言が以後に大きく影響したことは否定できません。
それにしても日経もやりますね。新政権が誕生して政治とカネの問題で大混乱しているなか、当時の左派政権のトップを履歴書に持ってくるのですから。

本日の話題

年末年始に住居がない失業者らに宿泊場所や食事を提供する東京都の「公設派遣村」が18日午前、閉所され、最後まで残った260人余りの入所者が約3週間の“村生活”を終え、施設を後にした。
都の集計によると、宿泊施設(大田区)の全入所者のうち、生活保護などの支援を受ける人が全体の4分の3を占める一方、就職先が決まった人は5%未満に止まった。以上産経新聞より


先のブログで私が書いたように施設の継続はなかったようです。しかし本来の施設の目的(再就職支援)を達して退去した人は5%未満ということ。施設の存在は単に一時的な食住の確保のためだけだったかのようです。

全体の施設利用者のうち4分の3が実質的に施設の継続と言ってもいいような生活保護の支援を受けることになったことは今後のこういった施設の運営に疑問を投げかけました。

ある40代後半の利用者が「自分のやりたい仕事が見つかるか分からないがそうも言ってられない。早く職を決めて恩を返したい」と話していました。人はよく、やりたい仕事とか、やりがいとか言いますが、そういったものは後からついてくるものではないでしょうか。やりたい仕事を求めながら自分探しをしているうちに気が付いたら30代40代になっていたというのでは笑えません。

真面目にコツコツと続けていくこと。この単純なことができない人が増えているような気がします。

本日の話題2

水産庁は6日、日本の調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」と環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体シー・シェパード(SS)の抗議船「アディ・ギル号」が南極海で衝突したと発表した。捕鯨船団は同日未明からア号ともう1隻の抗議船「ボブ・バーカー号」から妨害活動を受けており、衝突は妨害の最中に起きたという。
水産庁によると、ボ号が捕鯨母船「日新丸」に接近し追跡を始め、さらに、ア号も接近。約2時間にわたって、異臭がする薬品入りのボールを発射装置を使って発射したほか、目に当たると失明の恐れがあるとされるレーザー光線の照射などを行った。乗組員らはボ号に救助された。
衝突前に、昭南丸はア号に対して接近を阻止するため、放水を行ったり、音響装置などで警告を行った。これに対して、SS側は「ア号は静止していたのに、突然衝突された。日本側は救助もしてくれなかった」と主張している。
以上産経新聞より

捕鯨に関する思想はこの際置いておきましょう。しかしこのSS側の言い分を考えてみます。

それまで2時間にわたって調査捕鯨の妨害をしており、内容は異臭のする薬品入りのボールを投げつける、失明の恐れもあるレーザー光を照射するなどしています。衝突の責任に関しても仮にSSの言い分どおりだとしても、「救助もしてくれなかった」という言い方はホントに??です。日本側で救助をしたとします。

それまで散々に危険な行為をしておいて、救助されたら「いやー大丈夫か?」「危なかったなー」「いやーアリガトウ。助かったよ」で握手でもするんかい?(怒)
すぐそこに同士の妨害船があるのだから救助はそちらでするだろうと「一般的には」思います。航海法などは知りませんが・・・。


似たような話を思い出しました。
ソマリア沖の海賊対策のための自衛隊派遣に反対する左のぴースぼー○という団体がチャーターした船が、現地の視察?に行く際に、その自衛隊に護衛されて航行したというニュースです。ここでも自衛隊派遣の是非については言いません。でも2つともよく似ています。自らの主義主張は安全平和に保護された上で行われるべきで、しかもその安全は自らが確保するものではなく他者依存、さらには敵対するものが確保するべきだという考えです。

しかしこういった団体の行動。彼らは決して趣味や思想だけでやっているのではないはず。ものすごい資産家が趣味でやっているなどはないでしょう。新しい船を導入するコストや現地まで行く燃料代などはどうやってまかなうのですかね。彼らが行動している間の彼らの生活費はどこからでるのか。その行動に対してお金を援助している企業・団体が必ずいます。
そのあぶり出しをメディアはしてほしい。それを強く望みます。

本日の話題

先日顧問先のお客様に行って話してきたことです。その会社では年末から人の募集をしているそうで、募集をかけると職安を通じて募集があり、すでに5,6人と面接したということでした。その中で採用OKというこちらの意思を表示したものの、直前になって「やはりやめます」という断りを入れてきた人が2,3人いるそうです。その会社は駅からも近く、社会保険も完備。繊維製品の卸売りの会社です。PCも使いますし、納品で出張などもあります。私に言わせれば重労働で社員に厳しい会社などではなく、福利厚生もしっかりしている普通の会社です。

それでもその会社の人は、人が決まらない、と言っていました。

一方で、今朝の産経新聞のニュースでは、派遣村の施設が大田区に一昨日移動したそうで、求職者には食住のほか、求職の活動費として都から1人2万円程度が支給されるそうです。利用者の何人かはお金が支給されるとタバコやスポーツ新聞を買い求め中にはお酒を買っている人もいるようで、支給されたお金の使途を報告する必要があるものの、領収書がなくてもよい交通費に使ったとして、つじつまをあわせるという話をしている利用者もいるとか。

最初の会社の「人が決まらない」という話と、この話を考えると果たして本当に真剣に職探しをしている人は利用者のうちの一握りなのだろうなと思った次第です。そうではない人はいるでしょうが、施設を利用して「怠けている」人が少なからずいるとしか思えません。考えてみてください。イギリス人の女性を殺めて逃げ回っていた市橋被告は、1年以上も建設会社の寮で寝泊まりしながら働いていたのです。

大田区に移動した施設も利用期間は2週間ということです。しかしもう私には目に見えています。2週間たっても決まらない人が大勢で、利用者の希望?クレーム?により再び別の箇所で期間を延長せざるを得なくなることを。

ことの発端はマスメディアの報道です。メディアはその後の派遣村に関して先の産経新聞の記事以上にもっともっと詳細に伝えるべきです。

新年

新年明けましておめでとうございます。
本年も何とぞよろしくお願いします。

さて、当事務所は本日から仕事始めです。会計事務所は年間の忙しい時期の1つに1月があります。1/20の源泉所得税の納期特例の源泉税の計算、1月末の調書作成、償却資産申告書作成など年明けとはいえあまりのんびりとはできません。

本日は事務所に朝早く来て最初にしたことが年賀状の確認などです。久しぶりに頂いたり、例年来ている人から頂かなかったり或いは住所違いで戻ってきたりと年初早々いろいろ懸念はありますが、改めて思ったのが仕事柄やり取りしている年賀状に関しての味気なさでした。せめてこちらからのご挨拶だけでも近況や仕事を離れて没頭していることなどを織り込んだ方がよかったかなと、今更ながらに思いました。

ともあれ本年も健康に留意して良い年になるように意識していきたいものです。
プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。