スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の話題

中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、中国公安当局は、ギョーザに殺虫剤を入れた農村出身の容疑者の犯行動機として、臨時従業員に対する食品工場内での差別に不満があったとの供述があることを明らかにした。以上読売新聞より

このほか、英国などの海外のメディアでは以下のように伝えています。

日本側は当初からこうした臨時工による犯行の可能性が最も高いと見ていたという。日本メディアは一様に、目撃者が複数いたにも関わらず容疑者逮捕までに2年もかかったことに「時間がかかりすぎ」と否定的。08年1月の事件発生後、8月の北京五輪への影響を懸念してか、中国側は五輪閉幕まで国内で大っぴらに公表せず初動捜査が遅れたことが解決を遅らせた原因との不満もある。さらに今回も、容疑者逮捕のニュースは国営新華社通信が一応は報じたものの、日本側の扱い方とは違い、低調そのもの。ネットユーザーの反発を極力回避したいという中国側の思惑が見てとれる、との反発も大きい。


日本人は悪い意味で熱しやすく冷めやすいところがあります。あの毒餃子事件が起きたのは2008年1月だそうです。
あまりの事件解決の進展が遅かったため、すっかり忘れていました。おそらく世の中の主婦は、夕食の膳にすでに中国産の冷凍餃子を載せているかもしれませんね。

あの事件が起きた際に中国側は、日本国内で毒物が混入された、といわば責任転嫁のようなことを言い、責任を日本側に擦りつけようとしていました。当の「天洋食品」という会社は、自分たちこそ被害者で、事件が解決したら関係方面(日本のことです)に損害賠償をすることまで、示唆していました。今回の犯人逮捕により、中国側や当の会社から正式に何らかの謝罪が行われるのでしょうか。中国内の報道がきわめてひっそりとしていることからあまり期待できないかもしれません。

一方日本人はというと、国内のメディアの報道姿勢は、犯人の過酷な労働条件などにより、同情すべきところがある、というような、空気が読み取れます。そんなことだから日本人はなめられるのだということも認識せずに。
人が良いのもいい加減にしてほしい・・・と思わざるをえません。

スポンサーサイト

親父のハラハラ

この土日。私は息子のお世話になった少年野球チームのお手伝い。

かたや息子は新しく入ることになった野球チームでの練習に参加しました。

息子は土曜日朝5時起き、6時に家をでて自転車で10キロほど離れた練習グラウンドへ。そこについてからグラウンド廻りをランニング10キロ。ランニングが終わるのが8時半。それから、11時まで、筋力トレーニングなどを行ったそうです。午後からは練習試合2試合。2試合目は試合に参加したそうです。しかしろくに練習していないので、結果はさんざん。でもまあそれはしょうがないですね。

翌、日曜日も5時起き。試合はなかったようですが、同様に過ごしたそうです。

私は土日とも小学生のチームの付添でしたので、息子とは別行動でした。
日曜日、私は夕方5時に帰宅しましたが、息子が自転車で帰宅したのが7時です。

正直厳しい練習に、早くももうだめだ・・・練習についていけない・・・となるのでは・・・とハラハラでした。
7時に帰ってきた彼は勿論相当疲れている様子でしたが、第一声が、お腹が減った~。でした。
大変そうですが、まずは「いやだ」の言葉はなく、一安心。一緒に風呂に入ってその日のことを聞きました。

思えばこの3年間は週末はほとんど一緒でしたので、息子を取り巻く状況は常に把握していました。
今後はそうではなくなるので、そっと様子見・・となるのでしょうが、このハラハラは当面続きそうです。

卒業式

今日は雨の中、小学校6年生の長男の卒業式でした。
さすがに小学生の長男を見る?最後の日なので、仕事は午前中休みで卒業式に出席です。

身長のあまり高くない長男ですが、借り物のスーツ上下を着て凛々しい姿。
式が終わると、出席者の父母などと全体の記念撮影。

とりあえず、長男は入学式・卒業式ともに夫婦で記念撮影に収まることができました。

思い返すと、私の親父は小学校も中学校も入学式卒業式には来なかった気がします。
まあ、親父は公務員でしたから、平日の休みは取れなかったのでしょうが。

我々大人にとって、1年2年などはあっという間で、大した変化などはないものですが、このくらいの子供たちの1年2年の何と長いことか。自らは何も変わっていない気がするものの、子供の成長を実感してやはり年をとったのだなあと感じます。

どんな中学生、さらには大人になっていくことやら。とにかくも、長男、卒業おめでとう。

動物愛護、自然保護の偽善

先のワシントン条約締約国会議で大西洋、地中海産クロマグロを国際商業取引を禁止する提案が委員会で反対多数により否決されました。スペインなどは、旧植民地の南米諸国には、提案に反対するように随分働きかけたということです。一方で、当のスペインはEUに加盟している立場上、賛成せざるを得なかったということです。

捕鯨ではあれほど日本を目の敵にするオーストラリア。しかし今回のクロマグロ保護の提案に関しては、日本と同じ立場をとりました。こちらはなぜか。オーストラリアはマグロを大量に輸出しており、既に経済の理論が存在しているからです。オーストラリアにとっては、鯨は同国の経済活動とは無縁のため、自ら(この場合は白人の)価値観を他国(有色人種特に日本)に押しつけているのです。

ここで考えなければならないのがアメリカの立場です。彼らは、畜産業界の後押しや、自国の経済優先のために、モナコなどに強力に根回ししてこういった提案を提起させ、自らの態度は最後まで明らかにしない。世界は、日本は、アメリカの肉を食べていればいいと言うのか。・・・自国経済の繁栄のためには、他国の食文化などどうでもいいというホンネは、果たしてこの国を本当の同盟国と呼べるのか、考えてしまいます。

考えが飛躍していると言われるかもしれませんが、ものの根底は、白人至上主義があるような気がします。動物愛護、環境保護、といったものには常に、それを隠れ蓑にして、自国経済を優先させようとする白人先進諸国の偽善が見え隠れするのです。

日本人の母親はどうか、子供に肉ばかり食べさせないで、魚を食べさせましょうよ。ただしマグロは控えめに。


息子の野球

小学校で1年生の10月から6年生の最後まで地元の野球チームで野球をした長男。
4月からは中学生ですが、引き続き品川区のとある野球チームの中学部にお世話になることになりそうです。

そのチームのモットーは「高校へ繋げる野球」ということです。私なりには息子の性格や才能からいっても野球選手や甲子園に出てほしいなどとは微塵も思っていません。成長期にスポーツに打ち込むことの大切さをここ数年で痛感したこともあり、中学で野球、高校では仮に野球をやらなくとも何らかのスポーツに打ち込むことにより、人として男として必要な、自分に自信を持てる人間になってほしい。ともすれば消極的で人の後ろに引っ込んでばかりいるように見える息子に、中学高校での間に少しでもそういう人間近づくようになってほしい。

とはいえそのチームの練習は相当ハードです。
グラウンドまでの往復約20キロの自転車と、これとは別にグラウンド入りする前の10キロのランニングをこなさなければなりません。これを中学の3年間「継続」することができれば、きっと息子も大いに自信を持つことができると期待しています。

息子が自信を持った人間になってくれれば、そのときは私自身もやっと長男から「子離れ」ができるかもしれません。

本日の話題

昨日子供手当法案、高校無償化法案が衆院を通過したそうです。
10年度は月1万3千円を、11年度からは満額2万6千円を中学卒業まで支給するということのようです。
これを聞いて、子供を持つ親としては、わーありがたい!となるのでしょうが、現行法案をもう少し見てみます。

今朝の産経新聞の記事です。
一例
・日本で知的労働に就いているアラブの王族あたりが、「母国に子供が50人いる」となると、50人が子供手当の支給対象になる。
・日本におおむね1年以上在留する外国人登録をしている外国人にたいして、母国に子供を残してきていても、子供手当を受け取れる。
(母国に子供をこれだけ(人数)残してきていますよ、といわれても調べようがない。)
・母国に本当に養育する子供がいるか確認するのは困難で、支給事務を担当する自治体も、たとえ外国語の証明書に翻訳が付いていたとしても正しいかどうか分からない。
・これら書類を偽造する犯罪集団が出てくる可能性もある。

きわめつけはこれです。
・日本人の親が仕事で海外にいて、子供が日本の国内の全寮制の学校に通う場合には手当は支給されない。

これらについて政府は23年度以降の全額支給に合わせて検討するとしており、問題を先送りしました。

本当にこんなのでいいのですか?法案が通れば早ければ今年の6月から手当は支給されるそうです。私も2人の子を持つ親ですが、普段、税理士として納税に携わっている身としては大いに疑問です。不況の中、会社は赤字でも消費税は納税が出る会社がほとんどです。その消費税もなんとか分割して支払っている中小零細企業を見ているので、その税金は、「子供手当」というのなら、日本とその将来を担う日本人の子供たちのためだけに使ってほしい。百歩譲って外国人に支給するのであれば、日本に親と住んでいる子供だけを対象にしてほしい。そしてこれが日本の税金の使途について犯罪の温床となる余地を残すものであってはならない。

そう思うのは私だけではないはずです。
手当の支給に喜ぶばかりではあまりにも情けないし、与党の選挙対策にまんまと躍らされていると思いませんか?

警察と縁のある日

昨日と今日は随分警察と縁がある日でした。
昨日は、朝スクーターでの通勤時に、信号が黄色から赤に変わるその代わり際に走行したため、ちょうど反対車線にいた白バイに停止を命じられました。制限速度60キロの道路のため、急ブレーキになると思いそのまま走行した旨説明しました。白バイの警官は「止まりましょうよ。」と言いましたが、「急ブレーキになって危ないと思ったので」と説明。

なんでそんなに急いでいるんですか?会社は何時からですか?と聞くので、自営で税理士事務所をしており、確定申告の最終日で多少急いでいた旨いうと、免許の提示を求められましたが、切符を切られることもなく放免となりました。

一方本日は、顧問先からの帰途、狭い一方通行を走行中、前にいた警官に停められました。違反などではありません。
最近この辺(大森の事務所近辺)で原付バイクでのひったくりが起きているので、2輪車はみな停めて確認しているとのこと。私の後を走ってきたスクーターも停められ、2台そろって10分ほどそこで待たされました。無線の調子がなんたらとかで。それにしても、違反したわけではないのに、免許の提示を求められるし、バイクのナンバーや免許証をひかえられるし、10分ほど待たされるしでさすがにムッとしました。

我々は普段仕事で税務調査などで調査官らとやりあいます。彼らも最初から疑ってかかるようなそういう部分がありますが、今回の件もそのように感じるのは私だけの思い込みではないでしょう。

普通に走行しているのに、いきなり停められて、ナンバー、免許を控えられる、不愉快な午後となりました。

確定申告

本日15日は所得税確定申告書の提出・納付期限となります。必要な方はすでに申告を済まされましたか。
所得税の納付は自動振替を利用している場合は4/22となります。

また、個人の消費税の申告・納付期限は今月末までとなります。こちらも振替納税を利用している方は4/27に消費税が引き落とされることになります。

預金の残高不足などにご注意ください。

当事務所も所得税の申告の作業は一通り済み、一安心。期日に追われる仕事ですが、例年思います。結局期日が来れば仕事は終わる・・と。

関係者の皆さん、お疲れさまでした。

本日の話題

欧州連合(EU、加盟27カ国)は10日、乱獲で個体数が減少している大西洋と地中海のクロマグロの国際取引を禁止する措置を支持することを決めた。米国に続いてEUが取引禁止で足並みをそろえたことで、世界最大の消費国・日本は一層苦しい立場に追い込まれた。合意では、EU加盟国間の取引は「国際取引」にあたらないとして認められ、地中海沿岸などで伝統的に営まれている漁も継続が容認された。以上毎日新聞より

これはいわゆる地中海産(大西洋クロマグロ)を外国(特に日本)に輸出することを禁止するものですね。
EU加盟国間では従来通り、漁で捕獲されたクロマグロは流通OKというもの。

最大消費国の日本が高値で買ってくれた反動で、地元の漁業関係者には補助金などが出るなどで、妥協を図ったとも記事にはありました。近い将来地中海産のクロマグロはスーパーなどで見なくなるということなのでしょう。

とにかく根底には日本に輸出しなければマグロを絶滅の危機から守れるという含みがあります。
例のシーシェパードなどは、この地中海のクロマグロ漁の妨害をすると言っていますが、妨害する相手が直接日本ではないので、どこまでやれるのやら。
日本の捕鯨船に侵入して逮捕拘束されたSSの船長は、出された肉料理をペロリと平らげ、歯ブラシを持参していたとか。鯨やマグロの保護を声高に叫び、かたや羊、牛、豚などにはだんまりを決め込む。SSと欧米のこのダブルスタンダードは全く同じものに映ります。この構図に指をくわえて黙っているだけでは、日本の食糧安全保障の将来は暗いものになります。10年後にはクロマグロはめったに口にできない珍味になっているかもしれませんね。


確定申告

毎年のこととはいえ今年も確定申告のシーズンです。ちょっと忙しいなと思ったらブログを2/25以降していませんでした。まあいまはまだまだその辺の落書きと一緒ですので、いいのでしょうが。(苦笑)

この時期はのレギュラータイムは事務所にいるよりもあちらこちら外出して書類のピックアップなどで忙しく、日中は殆どデスクワークができません。

必然的に仕事で使う大型スクーターが重宝します。本日もAM11時に赤坂のお客さんのところに書類のピックアップに行きましたが、10時35分に事務所を出て、戻ってきたのが11時45分ほど。

今更ながらスクーターの効率のよさを再確認です。これを電車で往復すると2時間半から3時間くらいかかるでしょう。車でも往復2時間弱。いつまでもこのような仕事のやり方ができるかわかりませんが、独立して仕事をしているからは生涯一税理士であり、現役でいたいもの。その為私の2輪車の乗車歴もまた一生ものかなと思っています。

ただしあくまでも安全運転で・・・・(苦笑)


プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。