スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月末です

今日は5月31日です。忙しかった3月決算の申告もほぼ終わりました。
5月はゴールデンウイークがあり実質の仕事の日数が少ない反面忙しい月です。5/10くらいになると、残っている仕事量と残りの日数をみて、終わるか心配になることすらあります。

例年思います。それでも仕事は期日が来れば終わるものだ、と。今年もやはり期日である5/31の到来とともに無事終わりそうです。

思えば会計事務所の繁忙期は、大まかに、3月(確定申告)、5月(3月決算)、12月(年末調整)に分かれます。
2月から3月にかけてはインフルなどにならないよう神経を使います。5月は上述の通りGWで日数が少ない。12月は25日の2,3日前がピークですが、23日が天皇誕生日(これはこれで御めでたいのですが)でこれも日数が足りないときています。

一方一般的に暇な時期は、7~8月です。しかしこの時期は国民の休日は海の日(今年は7/19)だけ。健康面も暑い時期なので、基本的には心配いらず。

忙しいときには時間がなく、そうでないときは時間がたっぷり。人の営みとはそういうものなのかもしれません。
スポンサーサイト

監査法人

長いことこの仕事をしていると、顧問先の会社様が大きくなりやがては株式公開するなどの機会に恵まれることがあります。それはイチ税理士としてうれしい事です。

株式公開しようとするにはその2,3期前くらいから準備期間として監査法人の監査を受けることになります。
多くの会社の決算がひしめく3月決算法人。監査法人のベテラン中堅担当者は現時点で公開している会社の監査で当然大忙し。公開前の会社の監査を担当するのはここ2,3年で2次試験に受かった会計士補などが多いもの。

それでも私などが毎月レビューしている内容に関して、修正を要求してきます。もちろん私は税務目的で、監査法人は公開・株主目的ですから意見の相違はあり、その際には甘んじてこの修正は受け入れます。まあしょがないかな・・と。
しかしながら、2期ほど前の修正要求により、修正した事項に関して、今年の担当者が「何でこのような修正をしたのですか」といわれると、正直頭にきます。今回の監査法人の監査に私は立ち会っていなかったのですが、普段穏やかな会社の担当者はさすがに、それはないでしょうと言ったとか。
「若手」担当者は、公開前の会社の監査業務はトレーニングなのかもしれませんが、会社は当たり前ですが、真剣に取り組み、若手であろうと何だろうと監査法人の意見として尊重しているということをもう少し考えてほしいものです。

ジム

昨日久方ぶりにフィットネスクラブに行ってきました。久方も久方。1年以上行っていませんでした。ジムの引き落としが毎月12000円ほどでしたが、1年間行かずに引き落としはされていました。なんてもったいない・・・・

このフィットネスクラブは1989年の社会人1年目に入会した、当時赤坂の一ツ木通りから少し入ったところにあるティップネスというジム。89年から一時いかないときがあったとはいえ20年以上入っているジムです。いまは赤坂店はなくなっていますので、近い事もありもっぱら五反田店に行っています。

20代後半から30代前半の10年くらいは1日2回、エアロビクス、プールでストイックに体を鍛えていた時期もあります。
でもここ10年来ジムではいつもプールのみ。昨日も25メートルプールを15往復ほど。後はサウナでさっぱりとしておしまいです。健康面もあるので、またせっせと通わないと。それにもったいないしね。帰り道を歩いて帰る際にそんなことを考えました。

本日の話題

女子柔道の五輪金メダリスト、谷亮子氏(34)の参院選出馬に“教育的指導”。巨人の渡辺恒雄球団会長(83)は夕刊フジの直撃に対し、亮子氏の夫で巨人・谷佳知外野手(37)が事前に「何の挨拶もなし」と不快感を示し、「責任持てないよ」と突き放した。以上夕刊フジより

自民党から出馬する堀内前巨人監督、たちあがれ日本の中畑氏はいずれもナベツネ氏に事前に報告したとか。
球界や読売のドンで世間的にはワンマンの印象がある同氏ですが、小沢氏との会見の際に初めてヤワラちゃんの立候補を知ったとするならば、この反応はやむを得ないかもしれません。

ナベツネ氏が民主党への批判をしていた矢先ということもあり心中怒り心頭のようです。
やはり彼女の民主党からの立候補に違和感を感じるのは他にもいっぱいいそうですね。

「責任持てないよ」と突き放した、ということですが、当の本人は責任をナベツネさんに持ってもらうなどとはこれっぽっちも考えていないでしょう。問題は夫の谷選手です。大人の世界では信義を尽くすことがいかに重要か。当然立候補に関しては夫婦間では相談し合っていたこと。その際谷選手の所属する読売グループのドンにも事前相談することを全く考えなかったのか。もし反対されるから黙っておこうというのであったとすれば、信義にかけていたといわざるをえません。

最近は巨人「谷」も控えでベンチを温めることが多いようですが、権力の横暴とも思われるような、谷選手の近日中の他球団へのトレードなどにより、谷選手とヤワラちゃんはその手落ちを悔いない事を祈るのみです。

本日のキブン

今日の気分は良くありません。
私は自宅から品川駅まで徒歩25分ほどを歩いて通勤しています。

本日は新聞の天気欄では午前中9時くらいまで曇り、以後晴れという天気の予想でした。
朝7時半くらいに家を出たのですが、外を見ると雨があっていて心持ち明るくなってきました。

事務所に置き傘が多く、一方自宅に傘が少なかったこともあり、まあ傘は持っていかなくてもいいかと思い、心持気分良く家を出ました。

15分ほど歩くと雨がポツポツ降り始めそのうち「ザー」と降ってきました。軒下などない場所で、木の葉の繁みの下で雨宿り。最初のうちは雨はしのげましたが、そのうちまったく木の葉の繁みは役に立たなくなり頼みの綱は手に持っている日経新聞のみ・・・。その間の5分ほどの長く感じたこと。あまり小降りにならないので、仕方なく新聞を広げて残り品川駅まで急ぎ足でした。その間スーツや頭ははびしょぬれで、朝家を出る際のすがすがしい気持ちはすっかり無くなっていました。

その後、11時半に五反田のお客さんのところへ外出。この時も、それまで上がっていた雨がまたまたパラパラと降り始めました。こういう日はだめです。完全に雨男状態。
天気予報を信じた私がバカでした。

今日はこの後夜の7時に本羽田のお客さんの所に行くのですが、まさかそこでもまた降られないだろうか・・・こんな日はそれもありえそうです。

本日の話題

民主党は10日、夏の参院選比例代表に柔道女子の五輪金メダリスト、谷亮子氏(34)を擁立する方針を決めた。谷氏は同日午後に小沢一郎幹事長とともに党本部で記者会見し、出馬を表明する。以上産経新聞より

実はヤワラちゃん(ちゃんという年でももうないですが)が、そのうち参議院に立候補するだろうということは過去の五輪選手などからみてもありうることだと私はずっと思っていました。とくに彼女ほどの知名度のある女子五輪選手は二人といないでしょう。小さいころからの日本の国技ともいうべき柔道で注目され、最も気力体力が充実しているといわれた96年のアトランタで北朝鮮の選手に敗れた後、02年のシドニーで1本勝ちして金メダル。その瞬間のとび跳ねるような喜びの表現が印象的でした。その後アテネで苦しみながら連覇。

これだけ長い間日の丸を背負って競技してきた選手ですからそのうち参議院(なぜだか五輪選手は参議院が多い気がします)はあるなと思っていた次第です。

しかしこれは想定外でした。まさか小沢民主とは・・・・正直アゼンです。五輪選手での参院議員は荻原健司議員といい橋本聖子議員といい自民党議員が多いものでした。私は彼女が議員として立候補するならやはり当然自民党でと思っていました。国を背負ってきたという誇りと保守という認識はイコールだと思いますし、であれば民主はありえないのではと私は思います。もっとも今の自民党では彼女は嫌だったのかもしれませんね。

この夏は、彼女が民主の票集めに利用され、それにまんまと乗せられる浮ついた国民性をまた垣間見なければならないのでしょうか。

5月です

気が付いたら5月です。街路樹の八重桜もいつの間にか散ってしまい、それに代わって、つつじの花が満開です。連休はあけました?がまだまだ世の中連休気分で仕事ははかどりません。それはこの連休中の疲れも影響していそうです。

つい先日まで肌寒いと思っていたらこの連休の暑いこと。この連休は長男が野球の練習で毎日5時に起きなければならないので、こっちもそれにつきあい、毎日5時起きでした。長男を送り出してから、長男が所属していた小学生の野球チームのお手伝いでこちらも7時8時には家を出ました。

結局連休明けた本日は真っ黒い顔をしていますが、リゾート焼けなどではなく、野球焼けです。(苦笑)
子供たちと接していることは私としても非常に楽しいので苦にはなりません。
1年間のお礼奉公で手伝っていますが、とはいえ、手伝えることは限られていますし、ましてや父親コーチの人数がそろっているときはあえてあまり手を出さないようにしています。

昨年港区では強豪であった我がチーム。私も息子も最高レベルのバッテリーに助けられていい思いをたくさんさせてもらいました。今年も何とか春は決勝戦まで来れました。昨年ほどのバッテリーではないのですが、子供たちの指導如何により抜きん出た選手がいなくともここまで勝ち上がれることを示せたと思いますし、そのためのお手伝いも微力なが出来たと思います。やはりこのチームはバッテリーが特別良くなくても強い。この春は周りのチームにそれを印象付けることができたでしょう。

私の行動指針としてはむやみにでしゃばることは大嫌いなので、何とか役割は果たしたかな?と思えれば少しづつ引き際を考えていこうと思っています。
プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。