スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何んとか面目躍如?

29日土曜日。またまたカワハギ釣りです。今回は、釣ったカワハギをうまくさばいて子供たちに食わせるというのが目的です。朝4時に家を出て千葉県富津市の金谷港へ6時少し前に到着。船宿のお兄さんに釣りの状況を聞くと、非常にテクニカルで難しく、前日の竿頭でさえ15枚だということ。うーん・・・それはやばいなあ。さばいたカワハギを子供たちに食わせる以前に釣れないかもしれない。
そんな不安を抱えての出船でした。幸い海は穏やか。最初1時間ほどは全く駄目。周りもつれていません。
10時くらいからか、最初に1枚をゲット。よっしゃー小さいながらもこれでボウズは免れた。その後仕掛けをまつったり根がかりで重りを何個もなくしたりと苦労はしたものの、大きいサイズのものも含めて結果8枚という釣りになりました。竿ジリ2枚、竿頭21枚ですので、まあよしとしようといったところです。

3時半には家に着いたので、風呂に入って早速さばきにかかります。前回、さばく上での課題が、「薄皮」の処理と、「中骨」の処理でした。最終的に刺身の部分が少なくなるのを覚悟して、中骨部分は大胆に取り除き、薄皮部分は厚めに切り肝を添えての刺身(最終的には刺身部分は少なくなってしまった)となりました。やはり釣りあげてすぐに絞めたこともあり肝はおおむね白っぽい状態で、その肝を刺身にのせてポン酢しょうゆで食べるとまさに「甘い~ww」。やはりカワハギの刺身はこうでなくちゃーね。子供たちも肝をのせた刺身をうまそうに食べてくれました。私が食べる肝がなくなりそうなほどでした。もちろん奥さんは食べませんがね。それどころか台所を占領している私に迷惑顔。これはこれで困ったもんだよな・・・。

今回のさばきではやはり難しかったのが、「薄皮」をそぐことでした。うまくできないので、薄皮ではなく厚皮をむくようなことになりましたが、その厚皮も湯がいて刺身しょうゆでいただきました。
また、背骨や頭の骨は、唐揚げとあら汁に。唐揚げは骨もカリカリとなり頭や背骨も十分おいしく揚げられました。カワハギ君は身を無駄にすることなくその体の殆どを食べられてきっと本望だっただろうなと勝手に解釈しました。
スポンサーサイト

趣味その2

先週22日に千葉県の金谷港に行ってカワハギを11枚釣ってきました。その魚をおろすことが難しく、小骨も残るためせっかくの新鮮な生きのいい肝と刺身を家族が食べてくれません。今週ネットなどで、カワハギをどうやって3枚におろすのか、おろした後どのように刺身にするのかなど散々研究しました。

その結果、リベンジするぞ(奥さんを除き子供たちに食わせるということですね)と心に誓いました。ということで、明日か明後日再度カワハギ釣りに行ってくる予定です。この釣りのシーズンは1月くらいまでなので、終わりも終わりの時期です。それだけに今シーズン中にさばき方や刺身のし方をマスターし、来期以降につなげよう・・・と考えた次第です。さあて明日の海の様子が凪でありますように。また前回位に連れますように。明日も4時に出発予定です。

趣味を育(はぐく)む

この22日土曜日、前回高波で船酔い激しく釣果がゼロだったカワハギ釣りに懲りずにまた出かけました。前回の三浦半島方面ではなく今回は千葉県富津市の金谷港近くの船宿に行きました。朝3時40分起床、4時に家を出て西麻布の友人をピックアップ。そのまま首都高に乗りアクアライン経由で現地まで。金谷港のすぐ近くまで高速が伸びているためいたって快適ドライブです。6時現地着。朝7時出船。海は前回と打って変わってなぎ状態です。とにかく過去2回のカワハギ船は、海がひどい状態で全くあたりも分からず、船酔いはするしでさんざんであったことを思うと、今回が今後カワハギ釣りをするかどうかを決めかねないそんな気持ちをどこかに持っていました。しかし終わってみれば11匹を釣り上げる事が出来て大満足。朝7時出船から午後1時半くらいまで。天気が良く、温かで、釣りをしながらビールを飲みそしてほどほど釣れるという今回の結果で、また行きたいなという気になりました。帰りは道路も込まず午後3時半には帰宅できましたので、その後もゆったりと過ごせました。

ただひとつ課題が残りました。今回のようにある程度釣れた場合の魚の処理です。うちの奥さんは基本的に魚が嫌い(特に青魚系)なので、すしなどを除けば食べるのも触るのも嫌な人。子供の食育を考えるとこの点は不満ですが、私が言うので、意識して普段は子供たちに魚を出してくれます。しかし自分ではまず食べません。そんな状況ですので、私が苦労しておろしたカワハギと肝ですが、喜んで食べてくれる人はいません。まだへたくそで、身にどうしても小骨が残ってしまい子供には食べづらいこともあるようです。これらを何とかしないと、趣味としては長続きするかどうか・・・。

税金(罰金関係の話その2)

国税には「消滅時効」というものがあります。申告納税の国税の場合、100万円で申告して、それを滞納した場合、その後、法人の住所を変えて届も出さず、その後の申告もせずを繰り返していけば、税務署からの督促状が納税者に届かない(あて先不明で戻ってくる)ので、これが5年間継続すれば国税の消滅時効の成立となります。

ところが良くあるのが、自宅などを法人の登記場所にしている場合です。年1回の督促は自宅である納税地の登記場所に必ず届き、それでも払わない(差し押さえするべき預貯金などもなく払えない)場合、やはり毎年のように督促が届きます。本税に利息などの延滞税が毎年のように膨らんだ金額で。

私の経験したあるケースでは、何んと昭和55年の法人税の本税の滞納50万円ほどに対して延滞税額が230万円以上にも上った事例があります。その法人はその後平成元年に導入された消費税も、平成8年に滞納があり、これら本税以外の、罰金の延滞税関係だけで合計600万円以上になっていました。

そしてこれらがどうなっていったのか。
長くなるので、次回以降でご報告します。

モノを大切に使うということ

事務所で使用するPCに関しては、多少強引に入れ替えないといけないと思うことがあるので、モノを大切に使うという今回の表題に関しては、以後述べることと多少矛盾があるかもしれません。

事務所で使用している自転車のことです。購入したのはもう7,8年にもなります。しかし、事務所の地下の駐輪場に止めてあるので、雨天未使用、見た感じも新しいまんまです。その自転車ですが、最近頻繁にペダルが空回りし、横断歩道で停まっている際に、青信号で「さあ行こう」とペダルをこいだ途端に空回りをし、こけそうになることもしばしば。近くの西友(自転車を買ったところ)やイトーヨーカドーの自転車売り場の修理窓口で修理を依頼しようと思ったら、ギアの歯が折れているので、部品取り寄せ交換その他、タイヤも傷んでいるので交換すると、2週間くらいかかり費用も1万円を超えると言われたそうです。うちの奥さんなどは、店の人に言われたのか、それなら買い替えようといいます。もちろん普段使うものなので、本当にダメなら買い替えも全然OKなのですが・・・私の中で、修理を依頼して修理代のほうが高くつくから買い替えたほうがいいという提案をされることに関してもともと不信感があります。
しかたないので、私が、別の自転車屋さんに持ち込んで相談しました。すると、ペダルに引っかかる後輪にある「歯」がオイル切れなどで、「寝たまま」で「起き上がっていない」ために起こる症状で、「よくある」ことなんだそうです。後輪のチェーンのところにある蓋を外して、オイルを注入してペダルを回転させるとものの見事になおりました。一緒に壊れていた呼び鈴を取り替えて、600円。うーん。使えるものはきっちりと直して、使い続けさせてほしい・・・これで自転車買い替えなくて済んだなどと思っているのではありません。無駄に、足元を見るように買い替えさせようという行為に違和感を覚えるのです。

納税(罰金関係の話)

1/20は下半期(7~12月)の特例適用対象の個人事業、法人の源泉所得税の納期限となります。対象の事業者は確実に納付を要します。この源泉所得税はそもそも給与所得者からの預かり分を事業者が払うという性格のため、納付期日を1日でも遅れると、不納付加算税という罰金が税額の5%課されることになります。当然半年間の税金の合計額のため、社長の給与如何では税額が数百万になる場合もありますので、不納付加算税の罰金も多くなってしまいます。十分に注意が必要です。

預かり金という意味では、実は消費税も同様の性格を有するものです。ちまたでは、消費税の増税論議がくすぶっていますが、この税金も、基本的には預かった消費税から、支払った消費税を差し引いて納税するというものです。ところが、この税金に関しては、不納付加算税というものはありません。申告納税が前提ですので、申告書を期限内に提出しなかった場合(1日でも遅れた場合)は、無申告加算税という罰金がかかります。法人税も同様。この罰金も税額の5%相当の罰金がかかります。一方で、申告書は期限内に提出したものの、納税は期限内に納付しなかったという場合はどうなるか。これは、税額に相当する利息年4.2%ほどがかかることになります。税額百万を1日遅れた場合、年4.2%の日割りですので、115円。罰金は1000円未満切り捨てますので、実質的には罰金なし、となります。ですので、申告納税を前提をした税金の場合(消費税、法人税、所得税、相続税など)は、申告書を期日までに提出することが、誤解を恐れずに言えば、納付よりも優先されます。これらは法人税、消費税の予定納税(申告)にも該当しますので、注意してください。

本日の話題

キングが新たな金字塔を打ち立てた。J2横浜FCは10日、元日本代表FW三浦知良(43)と今季の契約を更新したことを発表。 「カズとの契約は複数年です。これまでずっと単年契約だったから、うちでは初めてになるのかな」。05年から横浜FCでプレーするカズと初めて複数年契約を締結。最低でも45歳になる12年シーズンまでプレーすることが決まった。
カズは来月26日に44歳の誕生日を迎える。クラブがこの年齢の選手と複数年契約を交わすのは世界的にも異例だが、それだけ横浜FCにとっても日本サッカー界にとっても別格な存在であることの証でもある。この日、今季の新体制発表を終えた岸野靖之監督兼GM(52)も「昨季最終戦で90分プレーしたし、皆が休んでいるオフもトレーニングしている」とカズのサッカーに対する真摯(しんし)な姿勢を高く評価。「ゴールを取ることが本人の自信になるし、周りの選手も元気にする」と期待を寄せた。(スポニチアネックス)

野球の工藤選手の日本球界でのプレーは今季どうなるか不明です。一方サッカーの三浦選手は2年という複数年契約だそうです。我々と同世代の選手が現役にこだわってプレーし続け、かつそのために努力し続けている姿は、多くの中堅以上の我々日本人に勇気と希望を与えてくれます。正直三浦選手位になれば、現役にこだわらず引退してテレビのタレントやコメンテーターなどで引っ張りだこでしょう。当然収入だって現役のそれと比べて多くなることは明らかです。それでも現役にこだわる姿。我々社会人にも大いに参考になる生き方ではないでしょうか。今こういう世の中において、我々日本人に元気と勇気を与えてくれる数少ない日本人の1人だと思います。

 

ゆったりした休日

この3連休、中日(なかび)に三浦半島の船宿に友人とカワハギ釣りに出かけました。朝5時に家を出て友人をピックアップし、7時に現地到着。8時出船で午後3時まで。
結論から言うと、散々な目に逢ってしまいました。日曜日は天気が良かったのですが、海からの風が強く海は大シケ。船が1メートルも2メートルも上下する中での過酷な状況で、出船2時間くらいで船酔いでダウン。船倉にもぐりこんで下船まで出てこられませんでした。結果釣果はゼロ。(とほほ)

4年ほど前にもカワハギ釣りに出かけたとことがあります。その時も同じような大シケ。しかも、当時4年生くらいの長男も一緒でした。その際は私は酔い止めを服用していたことと、子連れということで気が張っていたせいか船酔いは回避。ただし息子は船倉にもぐりこんで船酔いと闘いながらずっと泣いていたようです。そのトラウマかカワハギ釣りというと行きたがらなくなりました。乗合船ですので、どうしても途中下船というわけにはいきませんので。

今回も前回同様のシケで、アタリは分からない、釣れないからさらに具合が悪くなる、などで正直久しぶりにきつい目に逢い、私のカワハギ釣りのモチベーションは一気にダウン。この釣りの時期が秋から1月いっぱいくらいまでなので、この先行く気が起きるかどうか・・・・ちょっと微妙なところです。

とはいえ少年野球のコーチは以後距離を置くことを考えています。学年が変わるたびに新しいお父さんたちがお手伝いしてくれますし、野球自体にそれほど詳しくない素人の私のような者があまり出しゃばってはかえって迷惑になるのではないかな?などと考えるからです。そうすると、今後の休日の過ごし方などでは、やはり釣り関係は外せないかな。そのためには多少の努力もしないと・・・などと考えています。

廃棄

本日は仕事始めながら今更に、事務所の片づけです。
古いプリンタと、壊れた液晶モニタを廃棄業者に配送しました。
いわゆるトラックで「無料で御引き取りいたします」という業者ではありませんよ。念のため。

プリンタはここ数年使用していなかったエプソンLP8200という古い機種。それでも重さが20キロ弱ありますので、結構な荷物です。このプリンタは独立したての頃、麻布十番の自宅兼用の事務所のときに購入したもの。特に思い入れがあったわけではありませんがなかなか捨てるに捨てられず今日までホコリをかぶっていました。もう1つのモニタはデルの液晶モニタ。急に壊れて使えなくなりました。

これに味をしめて、徐々に古いPCも廃棄していく予定です。
いまのところ、古いノートPCが2台、デスクトップが1台が廃棄待ちです。

どうしてもPCは抵抗がありなかなか廃棄できませんが、自分でできる最低限のフォーマットだけはして、専門の業者に依頼する予定です。

本日の片づけで場所ができたので、12月初めに購入した新しいデルのデスクトップPCの段ボールをやっと開き、セットアップしました。これでまた1台廃棄しなければ・・・・まあ壊れてからでいいか・・・

大量消費、大量廃棄・・・どこか抵抗があるもののやむを得ないか・・・と自ら納得しています。

謹賀新年

2011年あけましておめでとうございます。
1年が過ぎるのは、年を取るごとに早く感じられます。今年の新年も気がつけば年の瀬などとなっているかもしれませんね。

とはいえ新たな年、気分一新仕事に趣味に励んでいこうと思っています。今年の目標としまして、ここ数年ご無沙汰していた釣りを再開し、また数年前処分したナナハンを思い出し、ギア付のバイクに再び乗ろうかな?と思っています。

もちろん昨年以上に仕事に励む所存です。

関係者の皆様本年も何とぞよろしくお願いいたします。
プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。