スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近気になった話題 2

・松井裕樹に星野監督最後通告
開幕して3戦して3敗の松井投手に対して、次に結果が出なかったら2軍に落とす可能性もあるそうです。
記事では同監督が温情でもう1度先発させるということを、「野手出身の監督ならこうはいかない」といいながら言っているようです。
そもそも話題作りと人気取りのために無理して1軍に帯同させたような気もしますので、責められるは高卒1年目のルーキーだけではないはず。本来もっと下で地力をつけさせてから1軍で投げさせるべきだったのでは。


・韓国の旅客船事故
この事故に対し、日本の海上保安庁の必要な支援の申し出に対して、韓国の海洋警察庁は、「申し出はありがたいが現在特段支援要請する事項はない」と回答したそうです。
現在、現地では大混乱でしょうからやむを得ない気もしますが、これが、先の武器弾薬の支援要請にこたえてそれを融通した日本の好意をその後、国内世論の圧力なのか、返却してきたこととダブりました。

素人目には超大型クレーンなどで、船内の海水が排出される高さくらいまで速やかに宙づりできないものかと思ってしまいます。行方不明者には高校生も多くいるようなので、なんとか救助を急いで1人でも多く生還してほしいと切に望みます。
スポンサーサイト

最近気になった話題

・小保方さんの会見
とにかく、「会見をする」と報道された時、公開いじめのようなものにならなければいいなと思っていましたが、朝のニュースで聞く限りではそこまではいかなかったようで一安心。
今後はSATP細胞の存在をより客観的・科学的に示せるかでしょうか。

・みんな渡辺代表辞任
政治とお金にまつわるスキャンダルは古今東西枚挙にいとまがありませんね。
ただ客観的に会見を聞いていてもうその上塗りをしているようにしか聞こえません。
政治家の場合は「借りたお金はもう返したからこの問題は終わり」では済みません。
あれでは知事を辞任した猪瀬さんとの違いが全くわかりません。
忘れやすい国民体質ですからマスコミがしばらく報道しなければすぐに忘れてしまうでしょうがね。

・捕鯨問題
調査捕鯨についてオランダの国際司法裁判所で、南極海での現状の調査捕鯨を禁止する判決が出されました。
日本の食文化の一つである鯨を否定されたようで多くの衝撃を受けました。
しかし実際にもう何十年も普通に流通しているものではありません。日本人にとっても特殊な食材になってしまっていたものです。殆どの日本人は「ふーん別にいいじゃない?」程度の感覚でしょうね。

日本人よりむしろ調査捕鯨を妨害していた団体のほうがよりショックを受けていることでしょう。
自分たちの存在の目的が一つ無くなったのですから。

・国際司法裁の裁判について
捕鯨問題のみならず、国と国との間の国際間のモメごとについて、その方法の一つとして国際司法裁があるわけです。
ここでのポイントは、今回は原告側がオーストラリア、被告側が日本です。
国際司法裁のポイントは、原告側が「訴えを起こし」、被告側が「裁判を受ける事を受諾する」ことによってその裁判が進展します。
つまりお互い正々堂々と、裁判で争おうではないかというものです。
竹島について、国際司法裁の出番がないのは、原告の日本が「訴えを起こし」ても、被告側が「裁判を受ける受諾」を拒否するからです。このことをよく考えてみる必要があります。

つづく


プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。