FC2ブログ

本日の話題

田母神(たもがみ)俊雄・元航空幕僚長は25日、広島原爆の日の6日に広島市で開催された平和記念式典の列席者について「被爆者も2世もいない。左翼ばかりだ」などと述べた。これに対し、広島、長崎の被爆者からは批判の声が上がっている。
田母神氏は演説で6日に広島市で講演したことを紹介。さらに平和記念式典について「慰霊祭は左翼運動。あそこに広島市民も県民もほとんどいない。原爆の被爆者も2世もいない。並んでいるのは全国から集まった左翼。一部政治勢力が日本弱体化を図っている」などと述べた。
広島市によると、式典参加者は約5万人。会場には被爆者や遺族のための席も2000以上準備されている。 以上毎日新聞より

私の5/29のブログには原爆症に関する訴訟で原告が18回連続で勝利した内容について述べています。その中で政府がどういう対応をしてきているか下記に再掲します。

・原爆症により医療を必要とする人には医療特別手当が年間160万円支給されています。この人数は、昨年3月末時点で約2200人

・被爆者健康手帳の交付を受けている人のうち22万人には年間40万円の健康手当が支給されています。

言いたいのは金額ではありません。人数です。まさか被爆者健康手帳の交付を受けている人22万人は被爆者や被爆2世その遺族ではない、などどはいえないでしょう。

田母神氏の「(式典の参加者には)被爆者も2世もいない」という発言に関しては、多少の誤解を生じかねませんが、しかし人数の比率を冷静になって考えてみてください。

式典の参会者は記事によれば約5万人だそうです。それに対して、遺族関係の席2000席(以上)だそうです。仮にこの2000席がすべて埋まっていたと仮定して、比率は4%です。
さらに言うなら、この2000席が埋まっていたとして、上記の被爆者健康手帳交付を受けている人22万人の比率は0.9%です。2000席すべてが埋まっていたかどうかは記事からはわかりません。

式典の参列者に関するコメントとして、被爆者及びその関係者の割合からすれば、参列者はゼロではないにしても、限りなく少ない割合となり、田母神氏の言っていること「(式典の参加者には)被爆者も2世もいない」は的外れではないでしょう。もちろん広島県民がいないとか、左翼ばかりかどうかはわかりませんが。

この記事の意図は、右翼で核配備論者の同氏(強者)が被爆者(弱者)を愚弄した。ケシカラン。という図式です。もっとも発言には誤解を招きかねない部分もあるものの、数字として分析すれば普通の感覚の人なら抵抗なく納得できることなのです。

メディアの一番の問題点は、こういう発言のタイトルだけが独り歩きするように操作してしまうことです。「(式典の参加者には→広島には)被爆者も2世もいない。左翼ばかりだ」こういう印象操作をタイトルは導き出そうとするのです。つねに疑ってかかることの重要さがこういう記事からも理解できるはずです。
スポンサーサイト



プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード