FC2ブログ

電話をかけるということ

ネットやメールを仕事で利用するようになって10年ちょっとになります。確かに、メールはお互い手が離せないなどの際には便利なツールです。昨今言われていることとして、メールの文章は字づらだけなので、文章から感情が読み取りにくく、場合によっては相手に誤解を生じさせかねません。そのためメールの文章を補完するものとして絵文字顔文字などで装飾することになります。

とはいえビジネスでメールのやり取りをする際に顔文字もちょっと使えません。
そんなことを考えていると、便利なツールであるものの、必要以上に頼りすぎているのでは?と最近思います。本来電話をかけるべきものまで、メールにて済まそうとする、そんなことはないでしょうか?

電話では相手の声の調子からどんな心理状態かわかりやすいもの。まずは話をすること、これが現代では特に必要なことではないでしょうか。さらには直接会うこと。昔はみんなこれだったのですけどね。

先日顧問先のアパート経営の方から連絡がありました。システムの仕事をしていた息子さんが会社を辞めたので、扶養にしたい・・・と。よくよく聞いてみると仕事を辞めたのは昨年。年は・・・私とあまり変わらないくらいです。システム開発に携わる人などは対人関係が苦手な人も多いのかもしれません。まず話し、そして会うということ、メールと言う便利なツールが実は対人関係という人にとって非常に重要で微妙な問題に、大きな影響を及ぼしているような気がしてなりません。
スポンサーサイト



プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード