FC2ブログ

本日の話題

社民党の福島党首、重野幹事長らが9日午前、民主、国民新両党との連立政権合意について党本部で協議し、「米海兵隊普天間飛行場の国外移設」など沖縄県の負担軽減策を合意文書に明記するよう改めて求めることを決めた。ただ、社民党でも同日中に合意すべきだという声が強まっており、決着すれば3党首会談を行って合意文書に署名する予定だ。重野氏は協議後、「何とか合意に持ち込まなければいけない。我々も腹を固めて幹事長会談に臨む」と記者団に語り、9日中の合意を目指す姿勢を示した。以上読売新聞より

これを読む限り、合意を前提としているという感じです。まず結果としての合意ありき。この場合は双方妥協があるかもしれませんが、民主党の本音は複雑ではないでしょうか。別に社民と連立しなくとも政権運営は可能ですし、逆に連立が政権運営の足かせになりかねません。それでも連立しなければならない理由はいったい何なのか・・・
選挙公約?でしょうか。選挙前のアンケートなどで、社民と連立することをよしとする意見は随分少なかったように記憶しています。ましてや今回の選挙で民主党に投票した人は、社民との連立を前提に投票した人などほとんどいないはずです。

大臣ポストにしてもそうです。社民や国民新党からもポストを与えるらしいですね。従来は連立しなければ過半数を得られないため連立し、その代償として少数政党の人にポストを与えてきたはず。それからすると異例としか言いようがありません。もっとも民主党も政権与党になるのは初めてですし政権運営において数の上では盤石でも、他の政党と連立・ポストを与えることにより、政府に何らかの批判不満が噴出した際に、その矛先を社民、国民新党とともに受けることによりそれを多少そらす意図があるのかもしれません。

なんにしても確かに今は政治が面白いですね。
スポンサーサイト



プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード