FC2ブログ

本日の話題

静かすぎて危険」との指摘が出ているハイブリッド車(HV)や電気自動車の走行音について、対策を検討してきた国土交通省は15日、新車にエンジン音に似た人工音を付けることを義務づけるなどの対策案をまとめた。以上読売新聞より

幹線道路などでは騒音が問題となる一方で、HVの普及によりこういった問題も出てくるのですね。
実際に、以前道を歩いていてふっと気がつくとすぐ横をプリウスが通って行ってびっくりした経験があります。さしずめ自転車が前を歩く歩行者に「チリンチリン」とすることと同義の議論ですね。

逆に車を運転している立場でみると困ったこともあります。別に私の車はHV車ではなく普通のガソリン車です。最近は耳にヘッドホンやイヤホンをつけて音楽を聴きながら歩いている人が実に多く見受けられ、そういった人たちは車が近づいてきても避けない(車の音が聞こえないためだと思いますが)ので、軽くクラクションを鳴らすこともあります。鳴らされるまで車が近くにいるのに気がつかないのです。

これらから、車のメーカーは人工音を付けるにしても、イヤホンをしている状態でも聞こえるような特殊な人工音も開発が必要になってくるかも知れません。でなければクラクションの音をもっとソフトにするか、歩行者に知らせるためのクラクションを別に付けるなど考えていかないとならないでしょう。
スポンサーサイト



プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード