FC2ブログ

本日の話題

軍縮を扱う国連総会第1委員会に日本政府が提出した決議案「核兵器の全面的廃絶に向けた新たな決意」は、28日午後(日本時間29日未明)にも採決される見通しとなった。
決議案が提出された15日時点の共同提案国数は、初めて加わった米国を含む41か国。ただ、北朝鮮や中国などは共同提案国に加わっていない。 以上読売新聞より

今回の共同提案国に米国が入ったのは私的には「へえ~」という気持ちがあります。もっともノーベル平和賞を受賞した大統領ですから建前的にでもこのくらいはするのかもしれませんが。
重要なのはこの「核兵器の全面的廃絶に向けた新たな決意」というのがどういう性質のものかということです。みんなで努力しましょう~というものならまさに絵に描いた餅です。北朝鮮や中国が加わっていなければ、結局はなにもないのと一緒。つまり核廃絶しましょうねといっても、米国の立場は、「オレも核廃絶するからお前(中国など)が先に廃絶しろ!」というものでしょうし、最低でも、「同時に一緒にやる」ということにならざるをえません。
このことから中国などが加わっていない共同提案なるものはしょせん絵に描いた餅。
もっともこういった運動?が次第に核配備国に圧力をかけてそういう方向へ時間をかけながら持っていくのでしょうから、まったく無駄とは言えませんが。

我々個人でも「建前」と「ホンネ」があります。国と国も同様です。
国際社会における国力のひとつには軍に裏打ちされたものが存在します。核が軍備の一翼を担っている限り国の力となりうるその手段を簡単には放棄できないのが国の「ホンネ」だと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード