FC2ブログ

本日の話題

先日顧問先のお客様に行って話してきたことです。その会社では年末から人の募集をしているそうで、募集をかけると職安を通じて募集があり、すでに5,6人と面接したということでした。その中で採用OKというこちらの意思を表示したものの、直前になって「やはりやめます」という断りを入れてきた人が2,3人いるそうです。その会社は駅からも近く、社会保険も完備。繊維製品の卸売りの会社です。PCも使いますし、納品で出張などもあります。私に言わせれば重労働で社員に厳しい会社などではなく、福利厚生もしっかりしている普通の会社です。

それでもその会社の人は、人が決まらない、と言っていました。

一方で、今朝の産経新聞のニュースでは、派遣村の施設が大田区に一昨日移動したそうで、求職者には食住のほか、求職の活動費として都から1人2万円程度が支給されるそうです。利用者の何人かはお金が支給されるとタバコやスポーツ新聞を買い求め中にはお酒を買っている人もいるようで、支給されたお金の使途を報告する必要があるものの、領収書がなくてもよい交通費に使ったとして、つじつまをあわせるという話をしている利用者もいるとか。

最初の会社の「人が決まらない」という話と、この話を考えると果たして本当に真剣に職探しをしている人は利用者のうちの一握りなのだろうなと思った次第です。そうではない人はいるでしょうが、施設を利用して「怠けている」人が少なからずいるとしか思えません。考えてみてください。イギリス人の女性を殺めて逃げ回っていた市橋被告は、1年以上も建設会社の寮で寝泊まりしながら働いていたのです。

大田区に移動した施設も利用期間は2週間ということです。しかしもう私には目に見えています。2週間たっても決まらない人が大勢で、利用者の希望?クレーム?により再び別の箇所で期間を延長せざるを得なくなることを。

ことの発端はマスメディアの報道です。メディアはその後の派遣村に関して先の産経新聞の記事以上にもっともっと詳細に伝えるべきです。
スポンサーサイト



プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード