FC2ブログ

本日の話題

今月、日経新聞の私の履歴書に元首相の細川氏が書いています。
細川政権の際の過去の植民地の問題に関する発言や侵略発言がその後の村山談話や河野談話につながっていくのですが、昨日19日の私の履歴書におおむね下記のようなことが書いてあります。

エリツィンロシア大統領との首脳会談で、同大統領は旧ソビエトのシベリア抑留に関して言葉と態度で謝罪したそうです。伯父をシベリアで亡くしている細川氏は感動して落涙したとか。その後の首相官邸における夕食会で同大統領は、細川首相の侵略発言があったから自分も思い切ったことがいえた(抑留に関する謝罪)と話されたということです。

しかし・・・同氏はこれらにより、先の発言の正当性を紙面で主張しているように解釈できました。もちろんシベリアに関して同大統領が謝罪したということは決して小さなことではありません。がその後の国益の毀損を考えると、シベリアの謝罪と、侵略発言では比べ物になりません。日本人はリベリアの抑留者やその家族がロシアを相手取って賠償云々などを求めたなどの騒ぎは少なくとも伝えられてきません。もっとも旧ソビエトと現ロシアでは違うと突っぱねられるのが目に見えているからかもしれませんが。

これに比べて細川氏の発言以降、近隣諸国その他での日本の国益に与えた影響は計りしれません。慰安婦問題、南京問題、靖国問題これらを考えても、すべてとは言わないまでも同氏の発言が以後に大きく影響したことは否定できません。
それにしても日経もやりますね。新政権が誕生して政治とカネの問題で大混乱しているなか、当時の左派政権のトップを履歴書に持ってくるのですから。
スポンサーサイト



プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード