FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税務調査

税理士という仕事と税務調査は切っても切り離せないものです。
とはいうものの・・・
本日のAM10時過ぎのある不動産会社の社長からの電話にはあきれるやら、腹が立つやら。
いきなり所轄税務署の上席調査官ほか1名が会社に来て税務調査をさせて欲しいと来たという事でした。その社長は出かける準備をしていたので、出かけるのでといって断って帰ってもらったそうです。その後に社長が私に電話をしてきたという流れ。

早速税務署のその部署の統括官に電話をして、文句を言いました。申告書に「税務代理権限証書」をつけているのになぜ顧問税理士の私のところに連絡をしないで、直接会社にいくのか。

税務代理権限証書は、その税理士が会社の税務代理をしますという委任状のようなものです。
我々税理士はこれを申告書に添付することにより、税務調査の依頼のやり取りや、その他会社に代わって税務全般の業務を委任されていると考えています。

私自身、現金商売をしている会社ではない(不動産会社)のに、顧問税理士に事前通知せずに税務職員が勝手に会社に行くという今回の出来事は恐らく初めてです。
統括にも言いました。委任状を出しているのに、かつ現金商売でもないのに事前通知しないとはどういうことか、そんな調査手法は税理士の99%は認めない!
統括は言いました。「現金の管理や、帳簿・経理状況そういったものをあるがままに見たいので、事前通知しなかった。」「事前に連絡すると帳簿やその他まずい書類を破棄してしまう会社もある。そうすると調査はスムースに行かない。」「委任状をつけている会社に税務調査の事前通知をしなければいけないという法律はないのです。」と開き直りのようなことまで言いました。

では我々税理士は何だ。ということになってしまいます。
もし社長が外出せずに調査を受け入れていたら税理士不在で調査なんていうことになるところでした。もしそうなっていたら納税者の権利を守るということが出来なくなってしまいます。

言うまでもなく今回の調査は任意調査です。

調査は改めて、日程を調整して顧問税理士である私が立ち会って受ける予定です。もちろん私が立ち会える、確定申告の作業が終わってからにしてもらうつもりです。








スポンサーサイト
プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。