FC2ブログ

本日の話題

反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」メンバーが、南極海で日本の調査捕鯨船の監視船「第2昭南丸」に侵入したとして逮捕された事件で、東京地検は抗議船「アディ・ギル」号の船長だったニュージーランド人、ピーター・ベスーン容疑者(44)を艦船侵入罪で起訴する方針を固めた。
裁判がSSによる反捕鯨のPRに利用される懸念があり、検察内部には当初、起訴に慎重な意見もあった。だが、逮捕に対する国際世論の反発が高まっていないことに加え、薬品入りの瓶を投げ入れたりする過激な行為を看過できないと判断したとみられる。以上毎日新聞より


こういったことが記事になることにより、国内外で余計な注目を浴びることになるのです。また、検察は、もし逮捕に関する国際世論が高まっていたら、起訴せず、釈放していたのですか?記事の言い分が正しければ、検察は世論を考慮して起訴、不起訴を決めることになります。

また、裁判が反捕鯨のPRに使われるといいますが、その見方はおそらく当っていると思います。彼らは自らの逮捕起訴により、新聞メディアが大いにそれを取り上げてくれることを期待しているのです。まんまとそれに乗せられて、国内のメディアはこれを取り上げています。

であれば、そういった思惑をけん制する意味で、こちらも対抗してほしいものです。
まず、その起訴された被告の食事内容を、毎食報道すべきです。拘束された捕鯨船では出された肉料理をペロリと平らげたとのことです。逮捕起訴されて拘束されている間は、被告の宗教などを考慮してベジタリアンにはそういった食事を出すのかどうかは知りませんが、少なくともこの被告はベジタリアンではなさそうです。ポーズで、それをしているだけでしょうから、本人からベジタリアンだとの申請がされたとしても、間違いなく偽りです。偽りのベジタリアンには牛肉、豚肉、羊肉、馬肉、鶏肉、さらには鯨肉などの食事をたっぷりと出し、いざ裁判の際には、たっぷりの肉料理を完食して太ったその身体でメディアに反捕鯨を訴えてもらい、彼らの行動が、偽善欺瞞だということを白人社会に訴えてほしいものです。

こういったことをしなければ、いたずらに彼を英雄視する人間がたくさん出てきます。日本人でさえも。
スポンサーサイト



プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード