FC2ブログ

本日の話題

6月に支給が始まった子ども手当(月額1万3千円)が日本在住外国人の海外に住む子供7746人に対し、支給されていたことが3日、自民党の調査でわかった。初回支給の6月(4、5月分)に約2億円が支出されたという。平成22年度は23年度予算で支給する同年2、3月分を除いて、約10億円が配られる計算となる。以上産経新聞より

日本に正規の在留資格を持って、仕事(出稼ぎ・単身赴任)で日本に居住している外国人の、現地国にいる子供に支給する手当が今年度10億円ということのようですね。現地にいる子供に支給される子供手当は、おおむね現地国で消費されることになるのでしょう。その金額で日本製品でも買ってもらえればまだいいのですが、これらが日本の消費、経済にプラスに働くかは殆ど期待できないでしょう。

しかし・・・・先進国を問わず世界各国で、このようなお人よしの手当の支給がある国がどこかにあるのかマスコミは調べてほしいものです。たとえば正規の在留資格を持ってアメリカで働いている日本人の、日本に居住している子供に対して、アメリカの税金から手当を支給するなどといった法案を議会に諮ったら間違いなくその党は国民にバッシングされるはず。このような行為が財政赤字で内面は苦しいはずなのに世界各国に国連の負担金などをはじめとして「たかられる」もとになるのです。

我々子供がいる日本人は、今回手当も貰ってなんとなくラッキー・・・などと言っていてはだめなのです。
私は仕事がら顧問先さまの税金を計算します。特に消費税などはいっぺんに支払えず分割で支払おうという会社がここ数年増えてきています。こういう中小零細企業を見てきていると、その税金の使い道に??と感じることもしばしばです。それが、自らの政党が選挙で有利になるために大風呂敷を敷いたその結果だと思うとなおさら疑問に感じます。

我々子供手当をもらった日本人はせめて、「消費」で国の経済にささやかながら貢献しなければなりません。
スポンサーサイト



プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード