FC2ブログ

本日の話題

菅直人首相は9日、日韓併合100年にあわせた首相談話を10日に閣議決定し、記者会見で公表する方針を決めた。過去の植民地支配に関し、「多大な損害と苦痛に対し、痛切な反省と心からのおわび」を表明し、韓国側が求める朝鮮半島由来の文化財を「引き渡す」と明言する。政府・与党内では、閣議決定を経ない「首相の談話」にとどめるよう求める慎重論が強かったが、首相は仙谷由人官房長官の意向を受け、閣議決定を押し切る構え。
以上産経新聞より

これで戦後に一定の区切りをつけるそうです。ほんとうにそうなると思っているのですかね。この官房長官は。平成7年の村山談話の後にも民間レベルで「心からの謝罪が伝わる態度が大事」などと案に賠償問題再燃を思わせる論調が増えたりしたものです。そのような流れが、韓国の若者の嫌日感情、日本の若者の嫌韓感情を途切れされることなく常に芽生えさせることになります。政府は65年の日韓基本条約で戦後補償問題に区切りが付いているため、新たな補償、賠償問題にはならないと、タカをくくっているようです。政府間合意と民間の思いとは別問題です。
しかし、今回の政府首脳も当時を知る人は少なく、何の権利義務意識を持って過去の政治判断を誤りとしてエラそうに対外向けにプレスするのですかね。現代に生きる我々は、それほど当時の人達よりもすぐれているのですか?表面的には否定するでしょうが、こういった行為がそれを肯定しているのです。

少なくとも今回の表明で民間レベルでは賠償問題がまた話題に上ることでしょう。それも韓国側のみならず日本側からも。むしろ日本の民間側のほうが積極的に議論されることになりそうです。

政治家の評価は歴史が決める、などとカッコつけたことを言った総理ですが、この人は当然今回のように、将来の政治家に批判されることになるのではないでしょうか。
スポンサーサイト



プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード