FC2ブログ

対中外交比較

中国河北省石家荘市で「軍事目標」を不法に撮影したとして、中堅ゼネコン「フジタ」の社員4人が中国当局に拘束された事件で、堀之内秀久・駐中国公使は26日夜、中国外務省の邱学軍・領事局副局長に対し、4人の身柄の安全確保、大使館員との面会や弁護士による接見、人道的な観点からの迅速な処理を電話で申し入れた。
これに対して、邱副局長は「身柄の安全は保証する」とした上で、「中国の法律に基づいて、公正に審理される。日本側の重大な関心については外務省の指導者に伝達する」と語った。以上読売新聞


日中で同じような事件です。日本人は「軍事管理区域に侵入しビデオ撮影をした」ということのようです。
中国人船長は日本の領海内に侵入し、海上保安庁の巡視船に衝突し、拘束されました。

中国人船長は日本の信じられないほどの弱腰外交により、何の根拠もなくさっさと釈放。日本人は「中国の法律に基づき公正に審理」されるということです。まあこれが中国と米国との間で起こったことなら、お互い交換条件で釈放となったと思います。今の日本の外交は、中国人船長を「釈放してあげたのだから」中国は納得してくれるはずだ、この4人の日本人もすぐに釈放してくれるはずだ、と勝手に思い込んだあげく、納得しない中国側に謝罪と賠償まで求められてオタオタしています。

相手を勝手に善意で解釈しさっさと切り札を放棄するなど、この国の政治家は外交を担うに値しないといっても良いと思います。民主党政権は日本人に自信と民族の誇りをを失わせ、亡国に導く、今間違いなく多くの日本人はそう思っていることでしょう。
スポンサーサイト



プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード