FC2ブログ

本日の話題

本日の産経新聞の社説(主張)に昨日私が書いたようなことが載っていましたので、一部抜粋しておきます。

菅直人首相は一時帰国していた河野雅治駐ロシア大使をモスクワに帰任させた。実に不可解な判断である。到底、納得することはできない。河野大使の一時帰国には、ロシアのメドベージェフ大統領が日本固有の領土である北方領土・国後島を訪問したことへの対抗措置という意味があった。たった5日の日本滞在で帰してしまう意味が、わかっているのだろうか。

歴代の両国首脳が確認してきた日ソ共同宣言の法的効力をも否定する暴挙であり、日本政府は断じて容認してはならない。このような訪問を断念させる「外交カード」として、河野大使は日本国内にとどまる必要があったのだ。

日程を早めたのは、APEC出席で来日するメドベージェフ大統領と菅首相の首脳会談を実現させるためなのだという。ロシア側に配慮したのだろうが、首脳会談の意味をはき違えていないか。仮に首脳会談が実現したとしても、帰路に大統領が再び北方領土に立ち寄る事態となれば、日本がいかに無力だったかを世界に示すこととなる。

それにつけても残念なのは、菅首相がAPECを無難に乗り切ることだけに躍起になっていることだ。国際外交の舞台では、理不尽な振る舞いには屈しないとして、首脳会談を拒絶することが必要な場合もある。
形式的な協調や首脳会談ばかりを追い求め、結果として相手につけ込まれ、国益を失っているのがいまの菅外交ではないのか。

ここまで引用(一部略)

普通の一般的な感覚ではやはりこんなにすぐに帰任などはおかしいと思うはず。やはり日本はどってことないな、とさらに見下されるだけ。今の政権の外交能力には口が開いてふさがりません。報道各社は今週金曜日にもまた支持率調査をしてほしいものです。きっとさらに下がっていることでしょう。いま私は日本人に生まれたことが悔しくてなりません。そんな心境にあります。
スポンサーサイト



プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード