FC2ブログ

危ないよなあ・・・

最近車やバイクに乗っていて良く感じること。それは車道の左端を走る自転車の数が増えてきていることです。少し前ラジオで言っていました。車が交差点や横断歩道を右折左折する際、歩道から走り出て横断歩道を渡る自転車には、気がつくのが遅れる。自転車は車道を走っていたほうが、車のドライバーは気がつきやすい。だから自転車は車道を走ったほうがかえって安全なので、なるべく車道を走りましょう。というこんなこを言っていました。
実際の道交法などでは自転車は車道を走るとかなっているのだと思います。しかしちょっと待ってよ!と言いたい。車を運転していると、車道の左端に自転車が走っています。車を運転する人はよく経験するはずです。狭い道などでは遅いなあ・・と多少イライラします。そして、さらに前方には停車している車が。自転車は停車している車の右側を走り抜けます。もしその時に停車している車のドアが開いて自転車に接触したら自転車は転倒、運が良ければ打撲程度で済みますが、後続の車がよけきれなければ命にかかわります。
私は普段バイクに乗りますので、これはよくわかります。バイクなどでの死亡事故は、その多くが転倒→後続車にひかれるという事例が圧倒的に多いはず。
自転車だって車道を走るのであれば例外ではありません。車のドライバーは停車してドアを開ける際には後ろを確認するのが原則です。しかし、車道の中央寄りを速く走ってくるバイクには気がついても、左端を音もなく走ってくる自転車は、バイクなどに比べればはるかに気がつきにくいはずです。
自転車が車道を走るべきなどというのは、自転車専用道路などが充実している他の国のことであるべきです。ろくに自転車道が整備されていないのに、それを自転車に求めるのは危険極まりないと言うほかありません。まして、車道を走ったほうがかえって安全だなどとはどうして言えるのか。先日ラグビーの元日本代表の女子選手が自転車事故で亡くなるという記事が新聞に載っていました。まさに前述のような状況での事故です。はっきり言います。自転車が車道を走るのは「危ない!」。歩道を走っていて歩行者と接触しても命を落とす確率はきわめて少ない。車道を走っていて何かに接触して転倒すれば、そこは車がどんどん走り抜ける自動車道です。どちらが危険かは明らかではないでしょうか。
スポンサーサイト



プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード