FC2ブログ

日本人は募金がキライ?か

今回の震災に関連して日本全国のみならず世界中から寄付金や義援金が集まっています。かくいう私も本日、10万以上50万円未満ですが家内の実家のある宮城県に寄付をしました。

寄付をしに銀行に行く途中、大森駅で中高生くらいの子供たちが、募金箱を持って震災の義援金を呼び掛けていました。しかし、多くの通行人や私もそうですが、そのまま通り過ぎます。
募金を募っていた子どもたちはきっと思ったことでしょう。「ナゼこんなに日本が大変な時なのに、殆ど誰もが募金してくれないのだろう。僕たちも頑張ってこうして一生懸命ボランティアしているのに。日本人って他人に冷たく自分勝手だ。」と。それにしてもああいった募金活動をしている前を無視して通り過ぎるのって何で罪悪感が生じるのでしょうかね?(苦笑)心の中で、オレいまから寄付の振り込みに行くのになあと思ってもあの後ろめたさはなくなりません。

彼らがそうだとは言いませんが、多くの募金活動はなんとなくあやしげでイマイチ信用できないものです。建前で震災の義援金の募金といっても果たして本当にそういった使徒に使われるかわかりません。自然どうせ募金するなら間違いのないところで、と思うのは当然でしょう。

先日、かつての同僚の会計士の人と飲む機会がありました。その人は○十字の活動ボランティアを推進する委員ような事をしています。あの○十字ですら、寄付金のうち6割近くが活動費だということです。ちょっとびっくりしました。あれほどのところでも、10万円の寄付のうち6万円が活動するための経費で、災害などの義援金として使われるのは4万円ていどだということです。今回のように全国から相当な額の寄付金が短期間で集まる状況下で6割が活動費かどうかは定かではないですが、寄付行為というものの微妙なスタンスを垣間見た気がします。今回の震災で芸能界やスポーツ業会から色々な寄付行為がされ、連日報道されてます。私のわずかな寄付金やこれら多額の寄付、義援金がどうか真に全うに日本の復興、被災者支援のために使われてほしいと願うばかりです。
スポンサーサイト



プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード