FC2ブログ

スマホ料金

7/22にスマホに変えました。8/25に7月分(1~31日)の料金が引き落とされました。金額は6500円ほど。従来の携帯は通話とメールのみ。料金は3500円前後でしたから一気に3000円ほど上がった計算です。

使い方自体はネットを多く見たりアプリをダウンロードしたりなどの使い方は全くしておらず、スマホといっても従来の携帯の使い方と全く一緒。にもかかわらずこの差額に納得いかず、思わずAUショップに行って確認しました。

聞いてみて驚いたのが、スマホに変えた22から31までのたった1週間の間にパケット通信料などが8000円ほどかかっているとのこと。今回の機種の一括購入により1400円の割引を2年間受けられるそうで、その割引をしても上記の金額だったということ。何だそれは?って感じです。

スマホは勝手に中身を更新したりするので、その際にパケット通信料がかかるらしいですが、本人の意思とは関係なく更新してその分の料金がかかるというのはどうしたものでしょう。

業界はテレビコマーシャルやメディアなどで、スマホを散々に宣伝しどんどん買い替えるように人を誘導しています。一方で、これら通信料の大幅上昇についてはいまいち説明不足感があります。

私自身スマホに変えたって使い方が従来と変わらないなら金額はそんなに変わらない、と新機種契約して、説明を受け、そのうえで申し込む段階でさえ、そう思っていました。

本人の意思と無関係に勝手に更新するのを避けるためには、「電波オフモード」にするか、「モバイルネットワーク」機能を「オフ」にする必要があるそうです。これをすると勝手に通信することはありません。しかし、これらのことは機種のマニュアルには載っていません。さらに、この設定をすると従来の携帯のようにメールの受信がその都度できなくなります。不便を感じるけれど、以後うそうしようかな。納得できない料金は払いたくない。それは当たり前ではないでしょうか。

携帯各社はソフトバンクなどが、パケット利用料の説明に関して説明不足だったという事を言ったらしいですが、まだまだ説明不足だと思います。

私のようにデスクワークで、常にネット環境にある人間はスマホは無用の長物かもしれません。

スポンサーサイト



プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード