FC2ブログ

本日の話題

政府の要請を受け運転停止中の中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)から半径10キロ圏に位置する同県牧之原市議会は26日、「確実な安全・安心が担保されない限り、永久停止すべきだ」との決議案を賛成多数で可決した。西原茂樹市長も本会議で「直下型の東海地震が起きる可能性が高く、永久停止は譲れない」と表明した。県、御前崎市など中部電と安全協定を結んでいる地元5自治体の中で「永久停止」の意思表明は牧之原市が初めて。以上毎日新聞

原発に関する意見は色々あります。

・将来の子供たちの世代を考えて廃止すべき
・廃止により経済活動が停滞し国際的な競争力が落ちる
・いつでも原爆に転用できる技術を保持することにより抑止力がある

まあ代表的なところではこんなところ。このうち、最初の意見は左のほうから聞こえてきます。2番目3番目は右の方から聞こえてきます。
まあ、右の私としては、後者の方かなあと何となく思っていました。でも最近ちょっと考え方が変わってきました。人類の将来を考えた場合、電力消費は増えることはあっても減ることはない。そう思っていました。電力の消費量は2007年までずっと右肩上がりだったそうです。しかしこの15年間ほどで見ると石油・ガス電気を含めたエネルギー消費量はずっと横ばいでした。オール電化、IH化などによりそれまでガス石油で賄っていた消費を電力が取って代わっただけのようです。その取って代わった分を原発に依存しているという状況です。

冒頭の浜岡原発の永久停止処分の決議案が地元の市議会で可決されたというニュース。これを聞いてやはりホッとしている自分がいます。本当に安全だったら原発を東京に作ればいい。そうでないならやはり原発は廃止しなくてはなりません。既存の既得権益などと日本人の将来を引き換えにしてはなりません。それでなくとも今年の夏、電力は足りました。多くの国民の節電の意識はありましたが、東電は過剰電力を関西などに廻していたほどです。島国日本人のDNAにあるはずの倹約の精神。また、新たな発電の研究開発などで原発は不要にしていかねばなりません。最近そっちの方向へ考えが変化してきました。


スポンサーサイト



プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード