FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金定期便

12月誕生月なので「年金定期便」が送られてきました。水色の封筒のヤツです。今回は良く中をみてみました。いままでの加入記録などのほかに、今まで支払ってきた国民年金、厚生年金の金額の合計が記載してあります。現時点での年金受給予定額なども記載してあり、「これらの年金を20年間受給した場合は合計○○円になります。」とご丁寧に書いてありました。

この20年間に受け取る額は、これまで支払ってきた年金額の倍くらいはありました。これをみて一瞬へー結構もらえるんだなあと思いました。

しかし・・・・今まで支払ってきた年金額の「厚生年金の額」。この金額が意外に少ないのに気がつきました。ご存じのとおり、厚生年金は給与などから天引きされる「自己負担分」と、「会社負担分」が同額でいわゆる折半で支払われています。サラリーマンなどの場合、給与から天引きされる厚生年金と同じ金額を会社が払ってくれています。

当然会社が負担してくれている厚生年金の額も支払い済みの厚生年金の額に計算されていると思ったのですがそうではありませんでした。年金定期便に記載されている厚生年金の支払額はあくまで、給与から直接天引きされたものだけでした。

この定期便を受け取った多くの人は、いままで自分が支払ってきた厚生年金の額だけをみて、将来の年金額と比較して「結構もらえる」と思う人が多いはずです。これに騙されていはいけません。会社負担分も含めたら将来もらえる年金額はトントンかそれ以下なのは間違いないでしょう。

ましてや私のように自分が代表者の法人を持っていて、そこで厚生年金に加入している場合は、給与天引き分も会社負担分も双方自分が支払っているのと同じ感覚です。その会社負担分を載せないなんて。ホントに国民をだませると思っている国の浅はかな考えが現れた「年金定期便」だと思います。



スポンサーサイト
プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。