FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本先進国から脱落?

経団連の研究機関、21世紀政策研究所(森田富治郎所長)は16日、2050年までの日本と世界50か国・地域の長期経済予測を発表した。
四つのシナリオに基づいて日本経済の成長率や規模を試算したが、少子高齢化の本格化で日本は30年代以降にマイナス成長に転じ、効果的な成長戦略を実施しなければ先進国から脱落しかねないとの見通しを示した。
日本の生産性が他の先進国並みを維持する「基準シナリオ」では30年代からマイナス成長となり、41年~50年の国内総生産(GDP)成長率は平均マイナス0・47%となる。現在世界3位のGDPは4位と、中国と米国の約6分の1の規模となる。1人あたりGDPは世界18位で韓国(14位)に抜かれる。

一方、政府債務の膨張が成長を妨げる「悲観シナリオ」では2010年代にマイナス成長に転じ、41年~50年はマイナス1・32%に落ち込む。GDPの規模は世界9位で、中国、米国の約8分の1に縮む。また、生産性が90年~2010年代と同水準にとどまる「失われた20年が続くシナリオ」では、41年~50年は0・86%のマイナス成長となる。(読売新聞)

昨日この記事をみましたが率直な感想は「へえ~そうかねえ?」といったところでした。当初はブログに書くつもりはなかったのです。が、今朝のニュースでこの発表をしたシンクタンクの人間がこんな事を言っていました。「だからTPPに参加してアジアと経済連携をしなければならない、とか消費税増税による財政健全化が必要だとか」。
そもそもこのショッキング?な試算をしたシンクタンクは経団連の息がかかった連中です。経団連は会長米倉氏を中心としたTPP強烈推進者たちの集合体です。
まず悲観的シナリオを試算しメディアに発表して、経団連加盟企業(おもに輸出企業)の思惑通りになるように国民を洗脳しようとしているように思われます。

少子高齢化は日本だけでなく韓国もそうだし先進諸国も同様の問題を抱えています。記事では世界50ケ国の長期予測をしたとなっていますが、この試算は日本に対しての数字は非常に悲観的で厳しく、他の50カ国の試算は非常に甘い数字になっていることが簡単に想像できます。

問題はメディアがこういったことを何の疑問もなしにタレ流すことなのです。多くの国民はこの記事で「そりゃ大変なことだ。なら増税は賛成せざるを得ない、TPPも参加賛成だ」となります。グローバリズムを唱えたアメリカ資本主義論者の思惑通りになります。

本当にこのままでは国は守れない。いっそのことアメリカのイチ州になってしまったほうが気が楽なのではないか!とすら思います。100歩譲って日本が先進国から脱落したとします。では現在先進国ではないスイスや、ルクセンブルク、北欧の国民は不幸なのでしょうか。そんなことはないでしょう。
いつも思うのですが我々はメディアのタレ流す情報を疑わなくてはなりません。
スポンサーサイト
プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。