FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の話題

原爆症の認定に関して被爆者側が18回連続で勝訴したそうです。被爆者の方には心より同情いたします。原爆症の認定に関して、産経新聞の記事などによると下記のようにあります。

放射線に起因する疾病で、医療を要する状態にあると認定されれば、医療特別手当が年約160万円支給される。昨年3月末時点で約2200人が対象だった。被爆者対策では被爆者健康手帳が交付されている人のうち約22万人には年約40万円の健康管理手当が支給されている。

国側は敗訴を受け全面解決に前向きの考えを示したとのことです。長く苦しんでいる人のためにも1日も早く全面解決することを心より望みます。

一方で、・・・・今回の原告の方々に関して、その発言で気になるものがあります。「国の姿勢は許せない。原爆がどれだけ人を苦しめるものかもっとわかってもらいたい」という趣旨の発言です。
これだけだと、国が原爆による被害を全然わかっていなくて、認定もしてこなかったかのように思ってしまいます。
今回認定を受けた方に関しては、過去にさかのぼって、上記の手当てが支給されるのか不明ですが、原告勝訴を受けた後でも、国に対しての恨みは晴れないのでしょうか。一度聞いて見たいものです。過去にこのブログで書きましたが、原告の方々は怒りの矛先を是非とも間違わないでもらいたいと思う次第です。怒りの矛先、それは投下した国に向けれらるべきだと考えます。

裁判ですので、認定の是非に関しては、当然杓子定規になるのはやむを得なかったと思うのです。しかし今回は国は全面解決に向けて努力する方向で行きそうです。被爆者の方々がこの認定裁判により少しでも心が慰められることを、そして怒りの矛先を見つめ直すことが出来るようになることを望みます。

メディアは国が18回連続で敗訴というような記事ばかりでなく、アメリカ側の関係者にコメントを求めるくらいの人はいないのでしょうか。



スポンサーサイト
プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。