スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の話題

北朝鮮核問題について。
現在国連加盟国のなかで、おおやけに核を持てると(公言できる)国は、米、英、仏、中、ロの5カ国です。しかし、インドが核武装することにより隣のパキスタンも核武装し、国連ではテロ組織などに技術供与しないことを条件に、暗黙の了解でこの両国の核武装を認めています。
近いうちにイランも核武装するのではないかと憶測されています。
そもそもなぜこの5カ国が持っているのか、持てるのかの議論はメディアからは聞こえてきません。
古今東西、軍事力を背景にした強気の外交は常識でした。

我が国はいつもお金だけ拠出させられて、発言力も弱い、そんな外交姿勢に嫌気がさしている国民は非常に多いでしょう。しかし日本で「核武装論」をとなえようものなら、右翼だ、戦争讃美だ、唯一の被爆国なのになどと、思考停止した左の方から聞こえてきそうです。特にA日新聞などはひどいでしょう。

北朝鮮は核を配備することにより、国際社会での発言力、影響力を得ようとしています。現実問題として、かの国が、核武装宣言をした場合、国連では「制裁、制裁」という言葉が聞こえてくるだけで、結局はインド、パキスタンのように暗黙の了解で国際社会は核武装を認めざるを得ないでしょう。

核廃絶に関してはこれは私は大賛成です。しかし、はたして、これだけ苦労して核武装した現在の保有国が一緒にポンっと核廃棄できるわけはありません。ですから、これは絵に描いた餅だと思います。

日本のように、原発の技術あり、大陸間を弾道するロケットの技術あり、ロケットに核弾頭を搭載して飛ばす技術あり、の3つの技術があれば、その気になれば30日程度で核武装できるそうです。これを「ジャパンオプション」と呼ぶそうです。

我が国は国内世論的に核武装の話題はタブーです。A新聞、テレAさをはじめとしたメディアの影響を受けた市民がそういうことを唱える国会議員を選挙で落とすからです。

核武装に関して議論ができないのであれば、もっともっと、この「ジャパンオプション」を国際社会にアピールする方向に政府、メディアは持っていってほしいところです。それにより少しでも国際的な発言力が強くなるのであれば。


スポンサーサイト
プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。