FC2ブログ

本日の話題

毎日新聞より

北方四島のロシア人住民に「ビザなし交流」で支援物資を届けようとした外務省職員らに対しロシア政府が出入国カードの提出を求めていた問題で、外務省は28日、上陸を見送り、国後島沖から北海道根室港に引き返すと発表した。91年に合意したビザなし交流でロシア政府がカード提出を譲らず、日本側が上陸を断念したのは初めて。同省はロシア政府に「遺憾の意」を伝えた。

 日露政府間で28日、改めて交渉したがロシア外務省は「06年に改正された国内法に従い出入国カードの提出を求めている」と主張を譲らず、日本政府は支援事業中止を決めた。船は29日午前、国後島沖を出発する予定。児玉和夫外務報道官は28日の記者会見で「07年、08年の交流事業ではトラブルは発生していない。理解に苦しむ」と述べた。

以上毎日新聞より一部抜粋させていただきました。

私もご多分に漏れず昔は北方領土などには全く興味がありませんでした。
時たま右翼の街宣カーが拡張マイクでしゃべっているとうるさいなあ、などと思っていました。
しかし歴史を多少ひも解くと、日本はサンフランシスコ平和条約で帰属先不明のまま「南樺太と千島列島」を放棄したものの、国後、択捉の権利は留保しています。
北方4島は1945年以来ソ連~ロシアの不法統治が続いている状態です。

今回の入出国カードの提出に応じなかったのは至極当然で、応じてしまえば4島はロシア領だとこちらが認めてしまうことになってしまいかねません。

外務省のロシアスクール?には強気の外交を切に期待したいところです。

たらればですが、沖縄と同じようにこの4島が早い時期に返還されていれば、北海道以上の国際的な冬のリゾート地となっていたかもしれませんね。







スポンサーサイト



プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード