スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車内のマナーについて

車内のマナーに関しては古今東西いろいろ話題になってきたことと思います。やれ携帯で大声で話をする、人目をはばからず化粧直しをするなどなど。最近では車内で携帯電話のメールその他の操作をしている人の何と多いことか。それ自体はどうこう言うつもりはありません。

一方で、設置が増えているせいか、優先席を必要としていない人でもそこに座ることに抵抗がなくなってきている人も増えました。その結果として優先席に座って携帯操作をする人もよく目にするようになりました。しかも決して若い人だけではないのです。情けないと思いながらも、しかしちょっと考えました。最近の車両の中の優先席の配置に関して。

私が通勤で使用する京浜東北線など7人掛けの長いすの端2席が優先席になっていたりします。無意識のうちに優先席前に立っていたりするのです。もちろん高齢化社会において優先席の多さを否定するつもりはありません。

1か所にまとめて優先席を配置すると中には高齢者蔑視などという意見も出てくるのでしょう。しかし例え周りに人がいなくとも携帯操作を優先席に座りながらしている我々同年代とおぼしき会社員などを見せつけられると、日本人どうなってしまったんだと改めて考えさせられます。

それはあちらこちらに散らばって配置されている優先席が原因の1つではないか。鉄道会社は優先席の配置をある程度まとめるなどできないものでしょうか。高齢者蔑視などという意見はしょせん、ノイジーマイノリティーのはずです。それよりも日本人が溶け出すのを何とかする方がはるかに重要ではないでしょうか。

携帯各社は、メール操作(ネット接続)時、ゲーム時、ワンセグ視聴時などでのペースメーカーの影響などをもっと詳細に調べて、車内アナウンスする際のアドバイスをすべきだと思います。
「優先席付近では携帯の電源をオフにして」などと念仏のように繰り返す社内アナウンスを耳にすると空しく感じるのは私だけでしょうか。

スポンサーサイト
プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。