FC2ブログ

本日の話題

麻生太郎首相は13日夜、首相官邸で記者団に対し、衆院を21日にも解散し、8月30日に衆院選を実施する日程で与党幹部と合意したことについて「2009年度当初予算、補正予算、重要法案を成立させた。ここで国民に信を問いたい」と説明した。「民主党は政権交代と言っているが、政策も財源も示していない。国民不在の党利党略以外の何物でもない」と批判した。
一方、東京都議選の敗因に関しては「自民党やわたしに対する批判がある」と認めた。しかし、「だからといって直ちに辞職して投げ出す無責任な態度は取るべきでない。歯を食いしばっても頑張らなければいけない」と述べ、自発的な辞任を求める党内の声に反論した。
以上時事通信より抜粋


この首相はタイミングを図るのがやはりうまくなかったようです。
思い起こしただけで、
・小沢さん公設第1秘書逮捕
・北朝鮮核実験&ミサイル発射実験
・鳩山現民主代表故人献金問題
最近では北方領土問題の進展なしの話題など、毅然とした態度を内外に示すことで支持率を上げそのうえで、解散総選挙に突入することができなかったわけではないと思います。

しかも、都議選の惨敗を受けた翌日に解散総選挙決断するなどなれば、多くの選挙民は同じ意思決定をすることになるでしょう。「2009年度当初予算、補正予算、重要法案を成立させた。ここで国民に信を問いたい」という発言も、選挙民は政治家が通常の仕事をしただけ、としか思いません。

また「直ちに辞職して投げ出す無責任な態度は取るべきでない。」という発言もこの言葉だけ聞くといかにも当たり前です。しかしこのまま、選挙の顔としてこの首相で総選挙を戦うのは、だまって政権交代を実現させてしまうことと同義でしょう。マスコミの報道姿勢なども足を引っ張って、この首相は優柔不断で、多くの事項を決断できないのではないか、と国民はもう思っています。

私などは鳩山邦夫さんや小池さんを総裁に担ぎ出せばほどほど戦えると思うのですが、派閥の理論や内部の足のひっぱいあいで、もうそれは無理でしょう。この国の政治は今年から数年間は民主党に担ってもらうことになりそうです。

そうそう1つ思いつきました。
8/30が総選挙とのこと。8/15には私人云々ではなく、総理として靖国を堂々参拝したらどうでしょうか。
当然、朝日新聞、中国韓国が大ブーイングです。アメリカの大統領が、アメリカの戦没者を祀るアーリントン墓地を追悼するのは当たり前です。そういったことを引き合いに、対外的に毅然とした態度をアピールする。サイレントマジョリティーの琴線に触れること確実です。

スポンサーサイト



プロフィール

minato2009

Author:minato2009
・税理士石田和彦
・昭和39年(1964年)12月14日東京都北区生まれ
・1988年3月中央大学商学部経営学科卒業
・1989~1992年1月KPMGピートマーウイック国際税務事務所
・1992~1994年7月中央クーパース&ライブランド国際税務事務所
(現PWCプライスウオーターハウスクーパース)
・1995年PWC時代の友人公認会計士3人、税理士2人で港総合事務所を共同で主宰
・1999年5月同事務所内石田税務会計事務所を品川区大森駅近郊に移転
・趣味1 ジムでの水泳/冬場はちょっとお休みしてウオーキング
・趣味2 6月から9月までの鮎の友釣り,10月から1月までのカワハギ船でのカワハギ釣り,冬場のショウサイフグ釣りとその料理
・趣味3 クラッシックなカメラを集めていじること
・趣味4 オフロードバイクで林道ダート走行。
・酒味5 酒を飲むこと
・趣味6 ゴルフ(現在挫折闘病リハビリ中)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード